no.24.23.22.21.20.19.17

車輪の国、向日葵の少女

『車輪の国、向日葵の少女』は2005年にWIN用として、
あかべぇそふとつぅから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV


続きを読む⇒車輪の国、向日葵の少女

愛慾のエプロン

『愛慾のエプロン』は2004年にWIN用として、
Autobahn(アウトバーン)から発売されました。

人妻寝取られ系のゲームであり、
私がAutobahnを知った最初の作品でもありましたね。


続きを読む⇒愛慾のエプロン

拐 ~カドワカシ~

『拐 ~カドワカシ~』は2003年にWIN用として、
ZyXから発売されました。

調教SLGの虜を作ったメンバーの一部による新作であり、
事実上の虜3、或いは外伝となるのでしょうか。


続きを読む⇒拐 ~カドワカシ~

ロックネス ~ネス湖の秘密~

『ロックネス ~ネス湖の秘密~』は2002年にWIN用として、
ツクダシナジーから発売されました。

オリジナルは2001年にDreamcatcherから発売された、
『THE CAMERON FILES SECRET AT LOCH NESS』です。


続きを読む⇒ロックネス ~ネス湖の秘密~

最後に奏でる狂想曲

『最後に奏でる狂想曲』は2001年にWIN用として、
たっちーから発売されました。

絶叫系の鬼畜ゲーとして、非常に話題性の高い作品でしたね。


続きを読む⇒最後に奏でる狂想曲

シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

「シド・マイヤーズ アルファケンタウリ」(SMAC)は、
2000年にWIN用として、エレクトロニックアーツから発売されました。

オリジナルは1999年に発売された『Sid Meier's Alpha Centauri』で、
本作はその日本語移植版になります。


続きを読む⇒シド・マイヤーズ アルファケンタウリ

蒼天の白き神の座 GREAT PEAK

『蒼天の白き神の座 GREAT PEAK』は1998年にPS用として、
SCEから発売されました。

制作は『アークザラッド』シリーズを制作したところで、
希少かつ完成度の高い登山SLGでした。


続きを読む⇒蒼天の白き神の座 GREAT PEAK