Mi・da・ra

Mi・da・ra

『Mi・da・ra』は2000年にWIN用として、
ミンクから発売されました。

この当時は何度もミンクのゲームを購入して、
その都度失敗した~ってのを繰り返していたわけでして。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
Mi・da・ra

本作もその中の1本なので、
ストーリーには期待しないでください。
特別ここが悪いとか叩きたくなるところもないのですが、
つまりはあってないようなどうでもいいストーリーってことですね。

まぁ、ここにストーリーを求めて手を出す人も稀でしょうし、
私が期待したのもグラフィックとシステムでした。

グラフィックは原画が福永ユミさんで、
塗りも独特の味わいがあってパッと見はとても良い感じです。
それで私も惹かれたのですが、
良くも悪くも想像通りって感じでした。

インモラル系のゲームなので綺麗さよりもエロさが求められるのですが、
上手い絵だなとは思いつつも変な上品さがマッチしておらず、
エロさがあまりなかったんですよね。
そういう意味では微妙にチグハグな作品でした。

もう1つの特徴はシステムで、
Hシーンにおいて胸をマウスでグリグリといじることができたのです。
今のおさわり系ゲームでは普通の機能かもしれませんが、
当時は結構これすげぇ~って思ったものです。
3Dでなく2Dなだけに、かえって新鮮でしたね。
これはもちろん長所となるのでしょうが、
最初はまだしもすぐに飽きてしまいますので、
思ったほどには楽しめなかったのかなと。

総合的にはギリギリ佳作としておきます。
ストーリーだけだと凡作レベルだし満足できなかったのですが、
2DのCGをグリグリいじる楽しみの可能性を示してくれた点で、
何とか元は取れたのかなと思いますから。
見所もあっただけに、もう少し煮詰めていれば化けたかもしれません。
そう考えると、ちょっと勿体無い作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

Mi・da・ra

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/996-20e0c993
| ホームへ戻る |