忍者じゃじゃ丸くん

忍者じゃじゃ丸くん

『忍者じゃじゃ丸くん』は1985年にファミコン用として、
ジャレコから発売されました。

ゲームジャンル:横スクロールアクション

忍者じゃじゃ丸くん

この当時はファミコンのアクションゲームが豊富で、
アクションゲームばかりやっていた頃でしたね。
まぁ、下手なのは今も昔も変わらないのですけれど。

一応設定としては、『忍者くん 魔城の冒険』のスピンオフ作品になり、
今回は弟のじゃじゃ丸くんが主人公となります。

体当たりで敵を気絶させたり、
手裏剣で敵を倒すという基本操作は同じなのですが、
忍者くんが縦に登っていく作品だったのに対し、
じゃじゃ丸くんでは横スクロールアクションになっていました。

私がアクションから離れだしたのには、
スーパーマリオが流行ったことでスーマリもどきのゲームばかりになり、
新鮮味がなくなったからでもあるわけでして。

なので86年以後のスーマリタイプの横スクロールには嫌気がさすのですが、
85年はまだそういう気持ちにもなっていませんし、
何よりスーマリとは異なるタイプのゲームでしたからね。
むしろ新鮮さの方を強く感じ取って楽しめたように思います。

それと、プレイした人は誰しもそうだと思うのですが、
忍法で出てくる巨大カエルには驚かされましたね。
小さいキャラが一杯動きまわるのも凄いと思わされますが、
大きなキャラが出てきて動き回るのにも驚かされます。
というか、一瞬のインパクトという面では、
大きなキャラがでんと出てくるのが一番なんですよね。

他にもサウンドとか○○登場みたいな演出の仕方も良かったわけで、
先が気になってついついプレイしたくなる好きな作品でした。
この頃のジャレコは輝いていたよなと思うと、何だか懐かしくなってきますね。

忍者じゃじゃ丸くん

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/994-db9699af
| ホームへ戻る |