アラベスク ~少女たちの織りなす愛の物語~

アラベスク ~少女たちの織りなす愛の物語~

『アラベスク ~少女たちの織りなす愛の物語~』は、
1994年にPC98用として、フェアリーテールから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

alabe01.jpg

<概要>


森の中の洋館で置き去りにされたアリス。
彼女が見たものは、そこに住む5人の女性とその主人による、
異常な性の世界であった。
そしてアリスも次第にその世界に溺れていき~って感じの作品で、
いわゆる館モノになります。

<感想>


ゲームジャンルは一応コマンド選択式のADVとなるのでしょう。
もっとも、いわゆる汎用メニューではなく、
個別に選択肢が表示されるタイプですし、
そのコマンドも必要な分だけたまに出てきますので、
むしろクリックしていくだけのノベル系ADVに近いかと思います。
コマンド選択式は次第に簡素化されていき、
PC-98末期のアダルトゲームの中には、
ノベルとの区別が困難な両者の境界線上のゲームも多かったです。
本作もまたその中の1本であり、実質的には読み進めるだけのゲームです。

さて、前年に発売された『禁断の血族』や『河原崎家の一族』によって、
私はすっかり館モノが好きになっていたわけでして。
これは単なる個人の好みだけの話ではなく、
全体的にも館モノブームが到来し始めていたと言えるでしょう。
本作はそうした館モノの中の1本でもありました。

余談ですが、こういうのは分かりやすいですね。
ゲームシステムの構造やストーリーのジャンルから、
仮に発売年を忘れてもおおよその見当がつきます。
これにグラフィックの要素も加味すれば、
あぁ~94年のゲームだなって思えますから。

ということで、時期的にはありがちっぽくもあるのですが、
作っているのがフェアリーテールですからね。
CGはとても綺麗でした。
部分的に描き込まれてたり動いたりしますし、
下着とかも細かいので、
そういうのに惹かれる人なら楽しめる確率は高くなるでしょう。
特に放尿シーンとかはアニメーションがありますので、
そういうシチュが好きなら楽しめる確率は高まると思います。

そうなると、当然中身の方も期待したくもなるってものです。
いや、私だけでなく、雑誌やなんかで紹介記事みたら、
きっと多くの人が面白そうに思うんじゃないでしょうか。

…が、実際にプレイしてみたらイマイチでしたね。
まるっきり見掛け倒しでした。
内容も物足りないですが、ボリュームもなかったですしね。

ただ、主人公が女性で登場キャラのほとんども女性なので、
百合・レズ系が好きな人なら楽しめる確率は高くなるでしょう。

<総合>


総合では、おそらくストーリーだけを期待するのであれば、
本作は凡作と言われても仕方ないのかもしれません。
しかし上述のようにCGは綺麗でしたし、
百合系の館モノというストライクゾーンど真ん中だったこともあり、
個人的には佳作としておきたいと思います。
私と似たような嗜好であれば楽しめるでしょうし、
他にもマニアックな要素が含まれていますからね。
一般受けはしないだろうと思いつつも、
該当するシチュがツボにはまった人とか、
意外と好きな人も多いのではないかと思う作品でもありました。

ランク:C-(佳作)

Win95 CDソフト アラベスク

関連するタグ PC98 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/990-42f5c571
| ホームへ戻る |