レッスルエンジェルス

レッスルエンジェルス

『レッスルエンジェルス』は1992年にPC98用として、
グレイトから発売されました。

代表作であったレッスルエンジェルスシリーズの初代ですね。

ゲームジャンル:カードバトルSLG

wa0101.jpg

2と3に関しては以前に書いていたのですが、
基礎となる初代についてはまだ触れていませんでした。
相変わらず順番がバラバラですねw

まず前提として、3はある意味番外編的でもあり独立性が強いのですが、
2は初代である今作の直接の続編になりますからね。
2をやる前にはできるだけ初代をプレイしてもらいたいです。
そういう意味でも、重要な作品となりますね。

さて、レッスルシリーズと言えばカードバトルであり、
ゲームシステムはカードバトルによるSLGとなります。

具体的には1~Aの数字が刻まれた、
「投」「極」「打」など6種類のカードが配られます。
これを互いに出し合うことになるのですが、
基本的にはカードの数字の大きさが強さになるものの、
そこに技の難易度やキャラの能力値により修正が加わり、
白熱したバトルを楽しむことができました。

このカードバトル自体は、
ドキドキカードリーグでも用いられているもののアレンジでもありますし、
それの女子プロ版とも言えるのかもしれません。
もっとも、ドキドキカードリーグよりも、ずっと面白さが増しています。
2以降は更に洗練されていきますから、
少しずつ着実に進化していったって感じなんですよね。

まぁ、面白くなっていること自体は歓迎するのですが、
いつもながら私はそれだけでは評価があまり上がりません。
新鮮さも伴わないとって思うタイプですからね。
本作は女子プロレスという珍しい題材を扱いつつ、
カードバトル時にプロレス技がアニメーションで展開されるわけで、
その点に新鮮さを感じることができましたし、
カードリーグからのゲーム性の向上と相俟って、
楽しさにつながっていったわけですね。

そういう意味では確実にカードリーグより面白くなっているのですが、
この初代を名作と言うには、
もう1つ何かインパクトが足りないとも思うわけでして。
なので総合では、名作に近い良作としています。
まぁ、その何かを満たしたのが同じ年に発売された続編であり、
続編はシステムを更に洗練しつつも、
ストーリー性も大幅に向上させてきました。
それにより、レッスルという世界が出来上がったわけです。

というわけで、本作自体は足りない面もあったのでしょうが、
シリーズ通じてのエースとも言えるマイティ祐希子が主人公ですからね、
2への基礎を作ったというだけでなく、
ファンとしてはどうしてもやらなければという作品でもあり、
評価以上に思い入れの強い作品でもありました。
っていうか、単に私がマイティ祐希子が大好きで、
それで思い入れが強くなっただけかもしれませんけれど…

もちろん「むとめ」や「ちだね」も大好きなのですが、
やっぱり「マイティ祐希子」が1番好きな私としては、
マイティ祐希子を主人公にした、
長編ストーリー物をもう1本くらいやってみたかったように思いますね。

ランク:B(良作)

PC-9801 5インチソフト レッスルエンジェルス

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/975-4a9b85cb
| ホームへ戻る |