天使たちの午後4 ~ゆう子~

天使たちの午後4 ~ゆう子~

『天使たちの午後4 ~ゆう子~』は1991年にPC-98用として、
ジャストから発売されました。

シリーズ第4弾になります。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

tengogo4-1.jpg

<概要>


シリーズも4作目ですが、前作とつながりはありません。
なので、本作だけでも何ら問題はないです。

ストーリーは校長の甥である主人公が事件の調査を依頼され、
教師として女子校に潜入してっていうものです。

シリーズ全てってわけではないので、
必ずしもシリーズ全体の特徴とは言えないのですが、
主人公は教師でヒロインが生徒ってパターンが、
比較的多かったように思います。
そういう意味では、天午後らしい作品なのかもしれません。

<感想>


今回は事件の調査ということで、
従来のシリーズ作品よりもサスペンス色が強くなりました。
とはいえ、シリーズとしての伝統と知名度があるわりには、
ストーリーは特に強くもないシリーズでもあり、
本作にもそれが妥当します。
サスペンスにラブコメにと一見面白そうだけれど、
出来自体は良くても普通ってところでしょうか。

むしろ良かったのは、ストーリーよりキャラですね。
相方を務める女子高生の祐子が凄く可愛かったです。

ただ、サブタイトルに名前も載っているので、
どう見てもメインヒロインっぽいのですけどね。
実は主人公には他に婚約者がいますので、
うっかり祐子とHしちゃうとバッドエンドです。
これには騙されましたね?
っていうか、これは一種の詐欺なんじゃ・・・?

システムはコマンド選択式のADVで、
バッドエンドがあるので一応マルチエンドと言えるのでしょうか。
コマンドが多い上に操作性がイマイチだったりしますが、
必要項目を抑えておけば全部を試す必要はなく、
それなりには配慮されていたように思います。

tengogo4-2.jpg

<総合>


総合では、作品の内容自体は佳作の域を出ていないものの、
主人公を慕ってくれる祐子がとにかく可愛かったわけで、
そのキャラの分のポイントを加算して良作としておきます。

こういう人にオススメっていうのも難しいですが、
祐子が可愛いと思った人や、
シリーズのファンだよって人にはオススメってところでしょうか。
まぁ、辛口っぽくも書きましたが、
可愛いヒロインがそんなにいない頃の作品ですからね。
今以上にキャラへの印象は残りやすいわけで、
評価以上に好きな作品でもありましたね。

ランク:B-(良作)

X68 5インチソフト 天使たちの午後4 ゆう子

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/97-ab501640
| ホームへ戻る |