VIPER V10

VIPER V10

『VIPER V10』は1994年にPC98用として、
ソニアから発売されました。

ソニア得意のフルアニメーションのゲームですね。

ゲームジャンル:インタラクティブムービー

PC-9801 3.5インチソフト VIPER V10

いわゆるソニアのVシリーズには、
V6、V8、V10、V12、V16の計5本があります。

もっともこれらは内容的に繋がりがあるわけではなく、
ゲームデザイン面に共通点がありました。

すなわち、Vシリーズは3本ないし2本の短編シナリオから成る、
オムニバス形式のフルアニメのADVだったのです。

そしてこのV10にも『ノーザン・ライト 』、『リア・アンダー』、
『チルドレンズ・プレイ』の 3本の短編が収録されています。

フルアニメ系のゲームは少なからず好きな人がいると思いますが、
いつの時代もユーザーが好みで選べるほどの数はなく、
なかなか難しい分野でもあります。
結局どの時代も少数のブランドが奮起しているイメージが強く、
PC-98時代に関して言えばソニアが第1人者というか、もう独壇場でした。
私も良く動くゲームは好きなので、
ソニアのゲームは好んでプレイしたものです。

とは言うものの、グラフィック面では文句なしのソニアでしたが、
正直ストーリー的には大したことがないのがほとんどで、
V10でも覚えているのは『ノーザン・ライト』だけだったりします。

その『ノーザン・ライト』にしても中身は普通の恋愛モノで、
ストーリー自体はいたって平凡なのですが、
とにかくキャラが可愛かったのです。
『ノーザン・ライト』のヒロインである剣道娘の藤堂あすかは、
ソニア作品でも屈指の人気をほこっていたはずですしね。

そのおかげもあってか、後に『ノーザン・ライト』の続きが、
『VIPER CTR ~あすか~』という名前で発売されています。
『VIPER CTR ~あすか~』に関しては以前に書いたことがあるのですが、
個人的にはVIPERシリーズの最高傑作だと考えています。
もちろんどれが最高かは人それぞれなのでしょうが、
人気投票をやれば絶対に上位にはくるでしょう。
VIPERシリーズに手を出すなら『CTR』は絶対にやってもらいたいし、
その『CTR』を楽しむにはこの『V10』が必要となってくるんですね。

だからこのゲーム自体は特別優れているとは思わないのですが、
VIPERシリーズを語る上では外すことの出来ない1本とも言えるわけで、
VIPERシリーズに手を出す人にはぜひやってもらいたい作品なんですよね。

ランク:C(佳作)

VIPER V10

関連するタグ PC98 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/961-b2fec873
| ホームへ戻る |