フロレアール ~すきすきだいすき~

フロレアール ~すきすきだいすき~

『フロレアール ~すきすきだいすき~』は1999年にWIN用として、
13cmから発売されました。

ロリ、そして邪眼ですね…

ゲームジャンル:ノベル系ADV

フロレアール

13cmというと前年である98年に『好き好き大好き!』(SSD)がありまして、
今作もサブタイトルに「すきすきだいすき」ってありますからね。
最初は続編か何かかと思ったのですが、
プレイしてみたら関係なかったですね。
SSDは途中で設定が変更されて、
その関係でメインキャラの1人が登場しなくなりました。
そのキャラのイメージを受け継いだのが本作のメインヒロインなので、
一応裏設定としてはつながりがあるのですが、
プレイヤーの見える部分では全く関係ないです。
まぁライターからして異なりますので、
今はSSDの続編かなんて見方をする人はいないのでしょうけれど。

元長さんの作品はこのフロレアールで2作目だったのですが、
1作目はいろいろ偏っていたこともあり、
フロレアールで一気に有名になった感じでしたね。

さてあらすじとしては、
灯台守の主人公がメルンという少女と生活をしていまして、
基本的にはメルンとの生活を描いた作品になるのですが、
そこから狂気じみた話であるとかSFっぽくなったり、
哲学めいた話に発展するわけです。
いわゆるインテリ系と言われるような作品で、
以後の元長作品に通じるものがあります。

こういう系統はどうしても人を選んでしまうみたいなのですが、
逆に好きな人はとことん好きになれる作品でもありました。
まぁ、元長さんらしさが随所に表れている作品ですからね。
ある意味原点的な作品でもありますから、
ファンならプレイしてまず間違いはないのでしょう。

逆にファンでないならスルーでしょうし、
元長作品未プレイの人は別の作品からでも良いと思います。
で、興味を持ったら手を出してみると。

絵的にはおもいっきりロリ絵ですので、
そっち方面が好きな人ほど楽しめるでしょう。
そして、メルンの邪眼でトラウマになるとw
いや、いろんなゲームをやってきましたが、
あの邪眼はめっちゃ怖かったですね~
ここで書いちゃってるのであれですが、
何も知らないでロリゲー万歳でプレイしてたら、
本当にトラウマになりかねませんもん。
原画さんGJでした。

そういうわけで絵に一発の大砲を秘めていて、
ストーリーも尖っている作品ですので、
本来なら好みな作品なはずなんですけどね。
通常部分はいまいち盛り上がりに欠けますし、
ラストの部分はあまりこれまでのストーリーを活かしていないですし、
何か全体的にちぐはぐな面もあって、
個々の持つ魅力が分断され活かしきれていなかったように思うわけで、
もう一押し欲しかった感じでしたね。
なので、個人的には佳作としておきます。
ぶっちゃけ、『sense off』と『好き好き大好き!』を足して、
3か4で割ったようなイメージですね。

まぁ、フロレアールは万人が良作というタイプではなく、
どちらかと言うと合わない人は合わないけど、
好きな人は凄く好きになるタイプのゲームなわけで、
上でも書いたように元長作品に何か惹かれるものがある人には、
ぜひオススメしたい作品ではありますね。

ランク:C(佳作)

フロレアール

関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/959-b719bceb
| ホームへ戻る |