香奈子

香奈子

『香奈子』は1996年にPC98用として、
レッドゾーンから発売されました。

いわゆる「名前シリーズ」の後期の作品で、
成年漫画家の八月薫さんが原画を担当したゲームでした。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
kanako011.jpg

<概要>


レッドゾーン、つまりはフェアリーテールの別ブランドなのですが、
ここは「名前シリーズ」と呼ばれる作品を幾つも出していました。
その大まかな傾向は、主人公はタイトルの名前を持つ女性で、
劇画調の大人向けのグラフィックに、
濃厚なエロを展開するというものでした。

反面、エロを重視するかわりに、
ストーリー自体はあってないようなもので、
大人向け抜きゲーって感じの完全に実用性重視のシリーズだったのです。

この『香奈子』もその流れを受け継いでいまして、
原画は成人向けの漫画家としても有名な八月薫さんでした。
劇画調のグラフィックはたまにやたら濃くて嫌になる場合もありますが、
八月薫さんの絵は繊細さも併せ持った感じですので、
個人的にはかなり好きだったりします。
今でも漫画の方は読んだりしますしね。

ストーリーは主人公である香奈子がある会社の入社試験を受けるのですが、
そこでセクハラな質問ばかりされてしまいます。
香奈子はやけになって答えてしまうのですが、
就職氷河期ということで他社は全滅、
このセクハラ質問をした会社だけ内定したことから入社することになります。
で、面接官からしてそんな感じですからね、
入社後もセクハラだのHだのそんなのばっかとなるわけです。

<感想>


まぁ、大雑把にはいつもの名前シリーズと同じですね。
もとより名前シリーズにエロ以外を求める人もいないと思いますから、
そういう意味ではファンが期待したものが用意されたと言えるのでしょう。

ただ、若干ノリがいつもと異なっていますので、
もしかしたらディープなファンの中には抵抗のある人がいたかもですね。

個人的には特に気にならなかったし、
好きな絵で濃厚なHシーンがありましたので、
内容的には概ね満足といったところでしょうか。

もし問題があるとすれば、
それはゲーム性やその他の部分になるでしょうか。
ゲームシステムはコマンド選択式のADVなのですが、
98末期の後期のコマンド選択式らしい作りになっています。
つまり、必要なコマンドだけが少数並び、
そのコマンドを何度も試させるタイプですね。
最初から総当りを念頭に置いたシステムでもあり、
読ませることも念頭に置いた、
選択式とノベルの中間的な構造になっています。
個人的にはこの形態は中途半端にだるいだけで、あまり好きではありません。

またOPで他のゲームの宣伝を見せられたり
(最初、買うゲーム間違えたかと思いましたよ)、
随所でストレスがたまる構造だったわけでして。

<総合>


気になる部分は結構気になりますので、
良い点を考慮しても佳作程度なのかなと。

まぁ、プレイ中はいろいろ不満もありましたが、
絵は好みだったんでね。
最近はこういう絵柄のゲームがなくなっているので、
またやってみたいものですね。

ランク:C(佳作)

香奈子

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/958-f644c8ff
| ホームへ戻る |