ジーコサッカー

ジーコサッカー

『ジーコサッカー』は1994年にSFC用として、
エレクトロニック・アーツ・ビクターから発売されました。

ある意味、SFC最大級のネタゲーでしたね。

ゲームジャンル:サッカーSLG

ジーコサッカー

ワゴンの常連であるとか、
あまりに売れないために『SM調教師瞳』に流用されたとか。
関係ないけど『SM調教師瞳』もジーコサッカーも両方持ってた人って、
一体どれだけいたんでしょうね。
私はその1人だったわけですが、『SM調教師瞳』は当然定価買いです。
それでも、定価であっても購入できただけマシかもしれません。
近所の店なんかはプレミア状態でしたから。
それに対して、本作は新品を30円だか300円だかで買いました。
定価が9800円なのでありえないくらいに安かったのですが、
世の中には10円で買った人もいるみたいなので、
これでも世間の相場より高く買ったのかもしれません。

そういうわけでクソゲーの代名詞にもなっているこのゲーム、
ジャンルとしてはリアルタイムのサッカーSLGってところでしょうか。
これをアクション系のスポーツゲームとして捉えると、
おそらく全く楽しめないでしょう。
本作はキャラを直接動かすのではなく、
簡易的な表示を用いて指示を出すことで進行します。
つまりは、テクモの『キャプテン翼』に似たタイプなわけです。
テクモの『キャプテン翼』シリーズは好きでしたし、
根本的に私はこういうのは好きなんですよね。

ただ、本作はテクモの『キャプテン翼』シリーズから、
あの原作をも超えたと言われる熱いストーリーと、
魅力的なキャラたちと、派手で見応えのあるグラフィックと、
興奮させられるサウンドと、
スピーディなゲーム展開や快適な操作性を取っただけなんです。

…って、こう書くと、やっぱり果てしなくつまらなく見えますかねw
まぁ、お世辞にも面白いと言い切れるゲームではないですが、
『キャプテン翼』シリーズの4までと5の中間のようなシステムで、
しかも5より先に発売されていますからね。
個人的にはシステム面は見るべきところもあったかと思います。

総合では凡作でしょうね。
決して悪いだけの作品ではないと思います。
これで対戦ができるか或いはモッサリ感がなければ、
私は佳作扱いでも良いとすら思っていますしね。
でも、それがなかったので凡作扱いに落ち着きました。
まぁ、評価は結果的には芳しくはないのですが、
新品をありえない価格で買ったわけですし、
マンネリ路線ではない独自路線のゲームでしたので、
そういう意味では値段分以上には楽しませてもらった作品でした。

ランク:D(凡作)

ジーコサッカー

関連するタグ SFC /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/951-5661d38a
| ホームへ戻る |