ヌーク  ~あばかれた陰謀~

ヌーク  ~あばかれた陰謀~

『Nooch(ヌーク) あばかれた陰謀』は1992年にPC-98用として、
ボンびいボンボン!から発売されました。

ボンびいボンボン!と言えば、やっぱりこれでしょう。
本作は、そのシリーズ第1作目になります。

nooch01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

ヌークシリーズの1作目です。

ガンの特効薬として作られた薬である「ヌーク」には秘密があって、
その秘密を知るIQ180の天才少女ピリルは、主人公を頼ってきます。
そこで主人公は追手から逃げつつピリルを助けて~って感じの、
98時代らしい笑いあり緊張感ありのサスペンスでした。

<感想>


まず最大の長所は、キャラの魅力とテンポの良さでしょう。
非常にテンポ良く物語が進行するので、
プレイしていてとても楽しかったですね~

主人公とピリルのコンビ、特にその掛け合いも非常に良いのですが、
それに拍車をかけて楽しませてくれたのが「天の声」システムでした。

システムというとちょっと大げさかもしれませんが、
これは画面上部にメッセージ欄があって、
ナレーションみたいに状況に応じて説明をして進行をサポートしくれたり、
場面によってはこちらにツッコミを入れたりするものです。

そもそもADVというのは、基本的に2当事者間の会話が多いです。
多数のキャラが表示されていても会話は二人だけというケースは、
今でも多いですしね。

そうした一般的な事情もあって、
この本作における3者間による入り乱れたボケとツッコミは、
とても新鮮だったし、何より単純に楽しかったです。

システムはコマンド選択式のADVになります。
基本的には他のゲームと変わらないと思いますが、
途中でゲームオーバーがあったり、
時間制限のあるパズルもあったりします。
漫然とやってるとクリアできなくなってしまいますので、
その点だけは要注意ですね。

<総合>


総じて、多くの人が普通に楽しめる良作って感じじゃないでしょうか。
面白いっていうよりも、とにかく楽しいって感じですね。

名作と言うにはこれという飛び抜けたポイントもないのかなと思い、
一応は良作にしておきます。

でも個人的にはキャラが好きだったこともあり、
主観的にはかなり大好きな作品であり、シリーズだったんですよね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト ヌーク

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/950-a1a29fed
| ホームへ戻る |