PINKY・PONKY ~びゅうてぃふる・どりぃむ~

PINKY・PONKY ~びゅうてぃふる・どりぃむ~

『PINKY・PONKY(ぴんきい・ぽんきい) ~びゅうてぃふる・どりぃむ~』は、
1989年にPC-88用として、エルフから発売されました。

PC-98やMSX2でも発売されていましたが、
最近では会報にも収録されていたようです。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:ナンパ
pinki01-01.jpg

本作はナンパシミュレーションと呼ばれるように、
女の子をナンパするのが目的です。
ストーリー的な観点からみれば、
いわば『同級生』の雛形にあたるゲームなんですよね。
『同級生』がザクなら、本作は旧ザクのような関係です。

さて、『同級生』もADVですが、
本作もナンパシミュレーションとは言っているものの、
ゲーム上のジャンル分けではADVになるかと思います。
ゲームはひたすら女の子との会話で、
選択肢を選ぶことによって持ち点が上下します。
要所要所でその持ち点が一定値を超えていないと、
その女の子の攻略は不可になってしまいます。
『御神楽少女探偵団』のように、
フラグの成否が点数と言う形で表れているだけで、
やることはノベル系ADVの選択肢選びと同じと言えるでしょう。
なので、ジャンルとしてはノベル系のADVになるのだと思います。

因みに、フラグの点数化と可視化という構造は、
本作独自のものではなく、
80年代のADVに幾つか見かけることのできたものでした。
御神楽で斬新なもののように言われることも多いのですが、
80年代では実は珍しくもなかったわけですね。
しかし、何故か90年代にはほとんど見かけなくなったので、
それでかえって新鮮に感じられたのでしょうね。

ところで、このようにノベル系のADVで、
しかもフラグの成否も点数で表示されると書くと、
結構簡単そうに見えるのではないでしょうか。
しかし、実際にはこの判定がかなりシビアでしたので、
プレイの印象としては結構難しかったように記憶しています。

本作は第1集から第3集までの全3作品が発売されています。
1作品には5人の女の子が用意され、
順にクリアしていくことになります。
もっとも、途中で攻略に失敗しても、
自動的に次の女の子とのストーリーに進むことは出来ました。

1作品に5本のストーリーというとボリュームがありそうですが、
その分1つ1つは短いものになっていました。
キャラは可愛いしテキストも楽しかったのですが、
どうしても小粒な作品って感じは否めませんでしたし、
楽しくはあったけど本作ならではって要素が若干欠けていたのかなと。
そういうわけで、総合的には佳作止まりと判断しました。

まぁ、1つ1つの物語は短いですけどね、
そこに蛭田さんらしさやエルフらしさが凝縮されているのも確かです。
最近のユーザーがどう感じるかは分かりませんが、
古参のユーザーの中には、
蛭田さんの作品ではこれが一番って言う人も少なからずいました。
私はそこまでの評価はできないのですが、
そう評する人の気持ちも分かるような気はします。
山椒は小粒でも?ってことで、
短時間でエルフらしさを堪能できる作品と言えるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

PC-8801SRソフト ぴんきぃ・ぽんきぃ 1

関連するタグ PC88 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/95-2e27dafd
| ホームへ戻る |