三国志3

三国志3

『三国志3』は1992年にPC98用として、
光栄から発売されました。

光栄の三国志シリーズの第三弾ですね。
主な変更点は、これまでのような国単位ではなく、
都市単位での攻略となりました。

ゲームジャンル:戦略SLG
三国志3

変更点としては他にもあって、前作で新君主を作れたのですが、
本作では新武将も作れるようになりました。
更に、身分の概念が生まれたのもこの作品からでした。

さて、ジャンルは言うまでもなく、
国取り系の戦略SLGになります。

シリーズ作品であるのでマンネリ化が怖いところでもあるのですが、
今回から都市単位での攻略が可能となり、
全然別のゲームをやっているかのような新鮮さがありました。
ゲームとしての完成度は更に増していますし、
独自性と完成度を上手く両立させた素晴らしい作品でしたね。

また身分の概念が加わった上に能力値も細分化され、
より感情移入がしやすくなりました。
まぁ、個々の武将のパラメーターに関しては、
こだわりが強い人ほど異論も出てくるのでしょう。
この問題は人によって異なってくる以上、
完全な解決はありえないと思います。
でも、初期の頃はそれ以前に文官と武官レベルの取り違いも多く、
いやこれは幾ら何でもありえないだろってのもままあったわけでして。
そこは光栄も少しずつ研究が進んでいったのか、
作品ごとに改善されていったんですよね。
で、とりあえず納得できるくらいになってきたのが、
この作品あたりからだったわけで。
そういう意味でも、本作の満足度は高かったですね。

三国志シリーズはこの後もずっと続くので、
プレイした年代によっても好きな作品は異なってくるかもしれません。
でも、私が一番長く遊んだ作品はこの3で、
それでもう満足しちゃったんですよね。
そういうわけで、個人的には本作を傑作としておきたいと思います。

毎年のように新作が出て、それですっかり飽きてしまったのですが、
今見たら2006年が最後なみたいで。
時間がとれたら、またゆっくりとやってみたいものですね。

ランク:A(名作)

三国志3

駿河屋
PSソフト 三國志3

関連するタグ PC98 /SLG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/943-53c4f558
| ホームへ戻る |