空の浮動産

空の浮動産

『空の浮動産』は2001年にWIN用として、
自転車創業から発売されました。

自転車創業名義では初の作品になりますが、
その前に『あの、素晴らしい をもう一度』を発売していますので、
実質的には2作品目にあたる作品でした。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
空の浮動産

さて、自転車創業の作品ということで、
当然ながらANOSシステムが搭載されています。
また2作目ということもあり、前作より進化しています。

そもそもANOSシステムというのは、
バックログを用いて任意の地点に戻れる事をゲームに利用したもので、
そのシステム自体は初代の「あのすば」にも搭載されていました。

もっとも「あのすば」の時点ではちょっと便利なバックログ感覚でしかなく、
私はあまりゲーム性の向上に結びついてないように思っていました。
そこで本作は主人公に「記憶」させるというシステムを組み合わせ、
独自のゲーム性を切り開く事に成功したのです。
過去に戻れるという点で、ANOSは「YU-NO」のADMSと比較されます。
ADMSをノベル風にアレンジした簡易的なものというのが初代の感想でしたが、
本作により単なるモノマネではない新しいシステムに成長したのです。

その意味では十分に評価されて然るべきですし、
実際プレイしていてもとても新鮮に感じられました。
もっとも新鮮さはあったものの、
完成度というか練り込みはまだ不十分だったかもしれませんね。
どの時点で満足するかは個人差があり一概には言えないのですが、
個人的には次作の『ロストカラーズ』で一応の完成に至ったように思います。

それともう1つ引っかかったのは、例えばADMSが評価される大きな要素に、
システムがストーリーと融合しているという点がよく挙げられます。
初代ANOSはゲームとしてのシステムは全然物足りなかったのですが、
ストーリーとは非常に良く結びついていました。
今でも「あのすば」が最高と考える人は、
おそらくその点を高く評価してのことだと思います。

本作は、その結び付きが前作よりも弱かったのです。
なのでストーリーとシステムの結びつきを重視していた人には、
どうしても不満が残ってしまうかもしれません。

もっとも今回は記憶の概念により、
主人公とプレイヤーの結びつきを強化しています。
つまりどの部分で一体感を図ったかの違いでしかないとも言えるわけで、
ここら辺をどう評価するのかは、
最終的には個々人の好み次第ってことになりそうですね。

ストーリーは法学部ならぬ魔法学部に入学した主人公や、
登記に条文といったゲームに馴染みのない分野ですので、
たぶん誰がやっても新鮮に感じられるでしょう。

それでいてグラフィックの影響もあってか、
どこかしら宮崎アニメのような安心感もあります。
格別凄いストーリーではないのですが、
万人向けで多くの人が楽しめるって感じだと思います。

総じて、一見すると風変わりなんだけど、
どこかしら安心して楽しめる作品ってところでしょうか。
名作と言いたくなるような長所も結構ある一方で、
いまいち長所たりえないような僅かなひっかかりや、
音声がなかったり絵がショボかったり微妙にチープ感が漂っていますので、
最後まで悩んだんですけどね。
一応は良作としておきますが、ゲームシステムだけでなく、
ストーリー全体の雰囲気も異彩を放っていることから、
常に名作に変更する可能性は残っています。
ストーリーの質だけとか主流路線だけが好きという人だと、
あまり楽しいと感じられないかもしれませんけどね。
とにかく他と被らない作品ですので、
普通のゲームには飽きたよって人にはオススメの作品と言えるでしょう。
特に紙芝居には飽きたよって人には、
ノベルでも遊べるものがあるんだよってことで、
ぜひともプレイしてもらいたい作品だと思います。

ランク:B(良作)

空の浮動産

関連するタグ WIN /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/941-1ddb5f87
| ホームへ戻る |