エレメンタルアーツ

エレメンタルアーツ

『エレメンタルアーツ』は1999年にWIN用として、
バロックから発売されました。

ゲームジャンル:SRPG

elemental01.jpg

ジャンルは、いわゆるシミュレーションRPGと呼ばれるものです。
ゲーム部分の出来やストーリー面は、いたって普通かと。
やや難易度が低い感じでしたが、
この頃はそういうのが増えていたので特に問題はないでしょう。

これだけなら平凡なS・RPGなのですが、
とにかくグラフィックが綺麗でした。
当時の同系統の中では断トツだったんじゃないでしょうか。
マップはポリゴンの3Dで出来ており、
キャラは2Dのちびキャラだったんですが、
見ているだけでも楽しかったですね。
それに加えて1枚絵も非常に綺麗でした。
そもそも原画が当時人気の絶頂期にあった山本和枝さんで、
そのキャラだけでも満足できるくらいでしたしね。

うん、これは個人的な好みも大きいのだけれど、
完全な3Dも何だか味気ないし、
かと言って2Dだけだと進化を感じにくいしで、
こういう融合的なやつが好きなんですよね。
特に3Dがあまり発達していなかったこの時期には、
この手法が活きてきたように思います。

山本和枝さんはこの頃にはアダルトゲームでも作っていたのですが、
このゲームがアダルトゲームならどんだけ良かったか。
というか、この技術でアダルトゲームを作ってくれよと、
心底思ったものです。

山本和枝さんというとファーランドシリーズという人も、
最近はともかくとして当時は結構いたかと思います。
そういうこともあってこのゲームの率直な印象は、
『ファーランドサーガ』みたいなゲームだねってことでしょう。

もちろん後発な分だけグラフィックは向上しているのですが、
発売時におけるインパクトはFS程ではないのかなと思ったりも。
そう考えるとFSより1ランク下でも構わない気もするのですが、
それでも99年ではとても綺麗でしたからね。
ギリギリではありますが、これはこれで名作扱いで良いのかなと。

ファーランドシリーズやキャッスルファンタジアシリーズと異なり、
若干マイナー色が強い作品でもあるのですが、
山本和枝さんのファンならやって損のないゲームだと思いますね。
それとSRPGにおけるグラフィック進化を歴史に興味がある人には、
本作は外せない1本かもしれません。
個人的には本作などの影響もあって、
PS2時代のSRPGのグラフィックに魅力を感じられなかったんですよね。

ランク:A-(名作)

エレメンタルアーツ

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
懐かしいですこれ。

当時としてはやはりグラフィックはがんばっていたと思います。
もう一つの売りになっていた物語は平凡に感じました。
国産の一般PCゲームは貴重でしたから、私はこのゲームが全年齢対象で出ていて良かったと思います。

> こんにちは。
こんにちは~

> 当時としてはやはりグラフィックはがんばっていたと思います。
> もう一つの売りになっていた物語は平凡に感じました。
グラフィックは良かったですよね。
技術的な良さはリアルタイムでないと伝わりにくく、長期的に楽しんでもらうにはストーリーが大事になってくると思うので、ストーリーが良ければ、もっと知名度も上がっていたのかもしれませんね。

> 国産の一般PCゲームは貴重でしたから、私はこのゲームが全年齢対象で出ていて良かったと思います。
そうかもしれませんね。
99年というと、バルダーズゲートとかヒーローズオブマイトアンドマジック3とか、洋ゲーのイメージばかり浮かんできます。
それを考えると、国産一般PCゲーも進化しているのだと示した点は大きかったですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/939-0c1e835b
| ホームへ戻る |