FORTUNE ARTERIAL

FORTUNE ARTERIAL

『FORTUNE ARTERIAL』は2008年にWIN用として、
AUGUSTから発売されました。

AUGUSTの代表作になりますね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

FORTUNE ARTERIAL

さて、内容的には学園恋愛モノになるのでしょうが、
端的に言えば萌えゲーですね。
良く言えば王道路線で、悪く言えばテンプレ萌えゲー。
そんな作品なんだと思います。

とは言うものの、似通ったゲームが氾濫する中では、
それらのゲームに最大公約数的に含まれる部分に関しては、
非常に優秀な部類だったのではないでしょうか。

キャラ原画はべっかんこうさんで、人気のある原画家さんですよね。
私は特別な印象を抱くまでにはいたらなかったものの、
わりと好きな方ではあると思います。

そのキャラの立ち絵もこまめに動きますし、
見ていて飽きないように配慮されています。

それに加えて非常にテンポが良いので、
心地よく楽しむことができるんですよね。

萌えノベルはこういう風に作れという良いお手本のような作品で、
こういう路線が好きな人から支持を得られるのも、
分かるような気がしました。
また、不快な要素とかもないですし、
萌えゲーの入門作品としても非常に秀逸な作品とも言えるでしょう。
萌えゲーの初心者向け作品は毎年のように出ているのですが、
本作の出た2008年の時点では最もオススメしやすい作品だと思います。

ただ、私はそういう最大公約数的な枠からはみ出た部分、
つまりは他にはないっていう部分に注目しますので、
その方面からはどうしても物足りなさを感じてしまいました。
ストーリー自体もそれ程でもなかったですしね。

総合では佳作ってところでしょうか。
ストーリーの弱さをキャラやグラフィックでカバーした感じですしね。
グラフィックはキャラだけだったら特に印象に残らなかったのですが、
背景がところどころで良かったんですよね。
キャラと違って背景は見た目で誰がやったかすぐには分からないし、
私は念入りに事前情報を調べる方でもないのですが、
案の定、ゆうろさんが絡んでいたんですね。
ゲームをやっていてこのゲームは背景や構図が良いなと思ったら、
ゆうろさんが絡んでいる場合が非常に多いわけでして。
地味だけど、いつも良い仕事をしているなって思います。

まぁ、私の感想はそんなところですが、
一番のウリであるキャラ原画で私は高い点をつけていないので、
もし原画家の大ファンなら名作と感じるのも十分に理解できるなと思った、
そんな作品でしたね。

ランク:C(佳作)

FORTUNE ARTERIAL



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/937-927f2aaf
| ホームへ戻る |