サクラ大戦

サクラ大戦

『サクラ大戦』は1996年にセガサターン用として、
セガから発売されました。

とにかく主題歌が大好きで、
自分にしては珍しくシングルCDまで買ってしまったゲームでしたね。

ゲームジャンル:ADV+SLG
サクラ大戦

ジャンルはADV+SLG。
ADVパートはマップ上を自ら移動させるタイプのもので、
キャラとの会話における選択肢の際には、時間制限がありました。
また、ストーリーは章仕立てになっており、
各章の合間には予告もあることからTVアニメっぽくなっていました。
これにタクティカルコンバットシステムの戦闘が付加されていたのです。

それでADV+SLGとなるわけですが、私はここで1度失敗をしました。
というのも最初にこのゲームを始めるまで、
S・RPGのイベント部分を強化した作品だと思っていたんです。
戦闘シーン、つまりはSLG部分がメインと考えていたんですね。
なので、実際にプレイして、とてもつまらなく感じてしまいました。
何分にも、サクラ大戦の戦闘は単調だし難易度もかなり低いものですから。
まぁ、当時はマゾゲーのごとき難度の高いゲームを好んでいたので、
それで余計にも物足りなく感じてしまった点は否めませんけどね。

しかし数年経ってから、意識を変えて再プレイしました。
そしたら、結構面白く遊べたのです。

サクラ大戦はADVが主なのであって、SLG部分は従なんですよね。
私はこれを逆に捉えてしまったために、
失敗をしてしまったというわけです。
ゲームを楽しめるか否かは、プレイヤーが何を求めるかでも変わってきます。
そのことを再認識した作品でしたね。

さて、再プレイして無事楽しむことが出来たわけですが、
だからと言って名作とは限りません。
上記のように、戦闘シーンはお世辞にも良いとは言えないでしょう。
他方のADVパートですが、
章仕立ての構造、マップ移動型のシステム、時間制限の選択肢等、
いずれも家庭用ゲーム機では珍しい形だと思います。
しかし、PCのADVでは既に存在したものでもありますので、
特に目新しい要素があったとは言えないかと思います。
なので楽しくはあったけれど、
単独で高く評価しうるものもなかったのかなと。

それと、ストーリーもつまらなかったですしね、
結構マイナス要素も多い作品でした。

その反面、キャラは抜群に可愛かったです。
藤島康介さんの絵は元々大好きでしたし、
あかほりさんはストーリーは駄目だけど、
キャラの立て方は非常に上手い人です。
この組み合わせから生み出されるキャラたちは、
本当に良かったですね。

総じて、良い面も悪い面もハッキリした作品でした。
トータル的には名作扱いでも構わなかったのですが、
96年にはあまりに名作が多かったので、
枠が埋まった関係で良作止まりと判断しました。

まぁ今になって思うのですが、
個人的に一番の決定打になったのはテンポなのかもしれませんね。
あかほり作品が嫌いなら、プレイしなければ良いのです。
単純な話ですね。
でもアニメのあかほり作品は、好きなのが多いのですよ。
ストーリーが良いかと聞かれると、
ほとんどの場合ノーと答えざるをえません。
しかしキャラの抜群の良さや画面の動きやテンポの良さで、
冷静になったり欠点が気になる前に次に進んでいくことから、
トータルではとても楽しめちゃうわけですね。
あかほり作品はこちらに考えさせたら負けなわけで、
有無を言わさず勢いとノリで一気にもっていくくらいが、
少なくとも私には良いのでしょう。
初代サクラ大戦は長い時間ではないものの「now loading」と暗転する場面があり、
そこで一度流れが途絶え私を冷静にさせてしまう時間を与えてしまいました。
それがなかった「3」はかなりはまったことからも、
そのわずかな差が大きかったように思うのです。

ランク:B-(良作)

サクラ大戦

関連するタグ セガサターン /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/924-629d8768
| ホームへ戻る |