GOKKO Vol.02 SCHOOL GAL'S

GOKKO Vol.02 SCHOOL GAL'S

『GOKKO Vol.02 SCHOOL GAL'S』は1993年にPC98用として、
ミンクから発売されました。

98時代のミンクの代表作である、
GOKKOシリーズの第2弾になります。

gokko201.jpg

<概要>


ゲームジャンル:点数制コマンド選択式ADV

ミンクの98時代の代表作に、GOKKOシリーズというのがありました。
これはその名の通り「~ごっこ」って感じで、
何かしらの属性に特化したシリーズでした。

近年は何かに特化したゲームも多いというか、
むしろそういうゲームばかりなので珍しくはないのですが、
当時は何かに特化した作品は珍しかったように思います。
そういう意味では、かなり時代を先取りしていたとも言えるかもしれません。

<感想>


さて、そのGOKKOシリーズなのですが、
第1弾は看護婦を題材にしていて、
この第2弾ではサブタイにあるように女子高生を題材にしています。

もっとも、女子高生自体はアダルトゲームに頻繁に出てきますからね、
これだけだと特化と言われても、あまりピンとこないかと思います。
ここはむしろ、あらすじを見た方が早いでしょう。

本作は大まかには、妹とそっくりな主人公が、
妹の学校にいる憧れの女の子に近付くため、
妹の制服を借りて女子高生として潜入するというもので、
女高生だらけの秘密の花園を堪能しようってわけですね。

GOKKOシリーズはオムニバス形式という特徴も持っており、
それは本作も同様です。
もっとも本作はシナリオ全体を通して1つの物語にもなっており、
そういう意味ではストーリー性自体は前作より強化されています。
ただ、あくまでも比較した場合の話であって、
このシリーズのストーリーはどれも大したことはないでしょう。

最大の魅力はCGなのであり、
基本的には好きな属性の絵を堪能する類のゲームなのだと思います。
実際、CGは綺麗でしたね。
塗りはシリーズ通じて綺麗だったのですが、
ちょっと濃い傾向があり、
それが作品によってはケバさにもつながっていました。
しかしこの2ではキャラデザも可愛らしくなっていましたし、
塗りも上手くマッチしてケバさもなく、
大きくプラスに作用していたように思います。

加えて、このシリーズは部分的に音声が入っていました。
98時代の音声は珍しかったですし、
大画面で綺麗な絵と相俟って非常にインパクトがありました。
…まぁ、突然声が入ってきてびびったというのもありますけどねw

システムは上記のようにオムニバス式になります。
内部を更に見ていくと、一応コマンド選択式のADVとなるのでしょうか。
基本的にゲームは選択肢がでてきてそれを選ぶタイプなので、
これだけだとノベルっぽいんですけどね。
同じ選択肢を複数選ぶ必要があったりして、
構造的には選択式なのだと思います。
ただ、このゲームには点数がついていまして、
選択肢を選ぶことによって点数が増減します。
点数が一定値を超えていないとクリアできないので、
当然ながら総当りはできません。
きちんと考えなければという点ではゲーム性は高かったのでしょうが、
さっきマイナスされた選択肢が、
会話が進行すると今度はプラスになったりするわけで、
ちょっと意地悪な仕様でもありましたね。

<総合>


総合では良作ってところでしょうか。
絵やキャラは文句なしなのですが、
ややストーリーが物足りなかったですからね。

GOKKOシリーズは作品によって属性が変わるので、
まずは自分の好みのものから手を出せば良いのでしょうが、
好み抜きに考えればこの2作目が代表作といえるのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

GOKKO VOL2 SCHOOL

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/921-e9e1263c
| ホームへ戻る |