ザース

ザース

『ザース』は1984年にPC-88用として、
エニックスから発売されました。

何と言っても、ミリカ嬢につきる作品でした。

zarth.png

<概要>


ゲームジャンルはコマンド入力式ADVになります。

大雑把なあらすじとしては、舞台は21世紀末。
アメリカの最終兵器システム「オリオン」が、
科学者ビットナーにより操られ攻撃をし、
人類は生存者5000人足らずにまで減少してしまいます。
そこから復興していくのですが、
オリオンが再度悪用されるおそれが生じたことから、
主人公ザースは仲間を集め、立ちふさがるナバ族を倒し、
オリオンを破壊すべく月面へ飛び立ったというもの。

<感想>


文字だけだったテキストアドベンチャーから
グラフィックアドベンチャーの時代に移り、
グラフィックに関する技術は飛躍的に進歩していきました。

最近でこそ、その時最高のグラフィックはRPGやFPSにとられてるけど、
90年代後半までは最高のグラフィックと言えばADVでしたしね。

84年というのは名作ADVの多かった年ですが、
その中でも『ザース』は特に綺麗でした。

上にもあるミリカ嬢のドアップシーンは、
今日に至るまでずっと語り継がれていますしね。
もっとも、メインキャラだと思ってプレイしてみたら、
ミリカ嬢自身はサブキャラでしかなかったのには驚きましたけどw

また、当時のグラフィックはその場で描画してたのですが、
この描画も速くプレイしていてストレスなく楽しむことが出来ました。
描画時間が長いというのは、今で言えばロード時間が長いのと同じです。
この時間が長いと、幾ら中身が良くても楽しめませんからね。
それでいて当時は結構時間のかかるゲームが多かっただけに、
余計にもこの部分はポイントが大きくなるってものです。

今ではもう、歴史的価値しかないかもしれません。
でも、その当時ずば抜けていたグラフィックは、
一度は見てもらいたいですね。

ランク:AA-(名作)

中古MSX カセットテープソフトザース 人工頭脳オリオンの奪還

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このザースも思い出深いADVですね。
なんと言ってもこの絵、当時他のヘボいっていったら失礼になっちゃいますが
桁違いにザースのグラフィックが良くて、これでこのゲーム買いましたし。
たしかザースの方がエニックスのウィングマンも携わってるんですよね。
このころはエニックスのメインにアドベンチャーしかやってませんでした。
エルドラド伝奇とか...

確かに桁違いとしか言えないほど、ずば抜けていましたよね。
ウイングマンのグラフィックも凄かったし、
当時はエニックスのADVをやっていれば、
それで十分なところがありましたね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/90-8072a56a
| ホームへ戻る |