レッサーメルン

レッサーメルン

『レッサーメルン』は1992年にPC98用として、
パンサーソフトから発売されました。

パンサーソフトがシナリオの構想に3年をかけたという、力作のRPGでした。
もっともプレイして最初に驚かされるのはOPで、
美麗なCGによるアニメーションがずば抜けた作品でした。

ゲームジャンル:RPG
LEME11.jpg

<感想>


さて、とにかく綺麗で長いOPが圧巻だったわけで、
その長さ故にちょっとしたアニメを見ているような気になれます。
プレイ開始時で既に何かこれすげぇよって思わされる作品でした。
この部分だけでもかなり満足度は高めです。

私は未プレイなのですが、本作にはTOWNS版もありました。
そちらでは256色表示の上にイベント時の音声もついていたとか。
きっと凄かったんでしょうね。
ちょっと気になってしまいます。

まぁ、アニメーションの凄いRPGってのは、
この当時は他にもあるわけですが、
イマイチな原画やキャラデザのも多かったですからね。
ショボイ絵で動かれてもな~と、
その部分で不満を持つことも多かったのです。
その点、本作にそんな懸念は不要です。
アダルトゲームの世界では有名な、
D.O.の広崎悠意さんが原画をやっていたからです。
女の子は可愛いし、お姉さまはムチっとしていて色気はあるしで、
とても良かったわけでして。

またモンスターとかのデザインも秀逸なので、
グラフィック的には本当に申し分なしでしたね。

ストーリーは構想3年と言う割にはやや地味なところもありますが、
それでも構想3年は伊達ではなく、
きちっと作りこまれて良かったと思います。

その反面、システム面はちょっと普通すぎでしたかね。
戦闘面だけを求めた人だと、少し物足りなかったかもしれません。

<総合>


総合では良作としておきますが、
ゲーム部分のマイナスはストーリー・キャラの良さで相殺され、
残るはグラフィックの、特にOPの良さで大きくプラスと考えるならば、
名作扱いでも良いかもしれませんね。

そういや広崎さんはADVにRPGにSLGといろいろゲームを出しているけれど、
いかにもRPGって雰囲気のRPGはあまりないわけでして。
そういう観点からも、ファンには外せない1本だったかもしれませんね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト レッサーメルン

関連するタグ PC98 /RPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/896-7a90df0a
| ホームへ戻る |