かえるにょ・ぱにょ~ん

かえるにょ・ぱにょ~ん

『かえるにょ・ぱにょ~ん』は1997年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

にょシリーズの雛型みたいな作品でしたね。

ゲームジャンル:SRPG

かえるにょ・ぱにょ~ん

1996年末に大作『鬼畜王ランス』が発売され、
その後しばらくのアリスは比較的小粒な作品を続けました。
本作も、その流れの1つにあたりますね。

システムは強制横スクロール型のタクティカルRPGでした。
いわゆるS・RPGとなるわけですが、
強制的にマップが横スクロールする点が特徴的でしたね。

このゲーム、実は私は結構好きだったりします。
確かにストーリーやキャラの掘り下げは薄いし、
ボリューム的にも小粒な感覚は否めません。
(フルコンプを目指せば結構な分量にはなりますけど…)

『鬼畜王ランス』をはじめとしたアリスの過去の大作と比べると、
どうしても見劣りはしてしまうでしょうね。
しかし、『鬼畜王ランス』の後の作品ってことで、
不当に評価が低いような気もするのです。

その後「にょ」シリーズとして続くように、
シンプルながらも中毒性の高いシステムだったし、
あまり他ではないタイプのゲームでしたしね。
あまり気張らないでお手軽に遊べるタイプのゲームとして、
結構重宝したんですよ。

CGもエロは薄くて量も少なかったけど綺麗でしたしね。
結構壁紙として使えるものが多く、
1年くらいはずっと使っていた記憶があります。

まぁ、今からプレイするのであれば、
「にょ」シリーズの最新作をプレイした方が良いと思うし、
後の「にょ」シリーズをやっちゃうと本作は物足りなくなるでしょう。
なので今からやってみてという風には思いませんが、
当時としては十分良作だったんじゃないかなって思いますね。

そういや、WIN95の登場で一般人も少しずつ興味を持つ時期になっていて、
週刊誌とかでもアダルトゲームなるものがあるって記事があったんですよね。
その中で、『かえるにょ・ぱにょ~ん』という、
意味の分からないものまであると説明されていて、
思わず噴出したものです。
まぁ、タイトルだけ見たら、サッパリ意味が分かりませんもんねw

ランク:B-(良作)

かえるにょ・ぱにょ~ん



関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/894-c23aade8
| ホームへ戻る |