ブランマーカー2

ブランマーカー2

『ブランマーカー2』は1995年にPC98用として、
D.O.(ディーオー)から発売されました。

ディーオーの代表作でもある、
大作RPGシリーズの2作目になります。

brm201.jpg

<概要>


ゲームジャンル:RPG

主人公は前作に引き続き17歳の、女戦士シャミー・リスニィ。
(当時はこの表現がOKだったんですね)
前作で水晶玉事件を解決し「ブランマーカー」を授かったシャミーは、
相棒のヴィガと船でテラ大陸に向かうところから始まります。
その旅によりシャミーは「ブランマーカー」の意味、
過去からの宿命などを知り、真の勇者として成長していくのです。

<感想>


と、まぁこんな感じのストーリーですが、
基本的には良くも悪くも典型的な普通のRPGってところでしょうか。
一番の魅力は、何と言っても主人公シャミーの可愛さにあると思います。

D.O.(ディーオー)というと広崎さんの絵がすぐに思い出されますが、
上手いことは上手いものの玄人受けって感じで、
初心者とかには敬遠されがちです。
その点、本作の絵柄は一般受けもしやすいと思ったのですが、
そのわりには知名度が低いような・・・

ジャンルは、フィールドタイプのRPG。
RPG全体としてはオーソドックスなのですが、
当時のアダルトゲームのRPGはダンジョン物が多かったので、
アダルトゲームに限ってみれば珍しい方かもしれません。
ゲーム自体も結構良く出来ていて、
途中から一般物のRPGをやっているような気分でした。
SFC時代のRPGが好きな人なんかには良さそうですよね。

一応本作の特徴として挙げるならば、
ダンジョン内のトラップがかなり多かったように思います。
RPGのゲーム部分にもいろいろな部分があります。
戦闘や育成だけでなく、近年は自由度も重視されてきています。
そのゲーム性の1つにダンジョン内でのトラップ解除、
謎解きがあると思いますが、
これは近年は逆に軽視されてる気がするんですよね。
でも、謎解きが好きだよって人も当然いるかと思いますし、
そういう人には本作は向いているかと思いますね。

<総合>


総じて、良く纏められたゲームだったと思います。
ただ、特徴である謎解きなんかは私はADVに求めますので、
そうなると強力な長所がなくなってくるんですよね。
なので、個人的には良作と判断しておきます。

ところで、本作が発売されたのは95年。
前作が91年でしたので、結構待たされたわけです。
それでいて、実は本作は完結編ではありません。
当然3の発売が待たれるわけですが、一体どうなることやら…
もう無理なのかもしれませんね。
しかも1と2がセットになったのがリメイクされたのですが、
絵師が代わって雰囲気が別物になってしまいましたし。
今の絵で3が出ても、ちょっと考えちゃいますよ。

ランク:B(良作)

ブランマーカー2PC98

ブランマーカーツイン

関連するタグ PC98 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/885-f0a8efaa
| ホームへ戻る |