西風の狂詩曲

西風の狂詩曲

『西風の狂詩曲』は1999年にWIN用として、
日本ファルコムから発売されました。

まず、西風の狂詩曲と書いて、にしかぜのラブソディーと読みます。

ゲームジャンル:RPG

西風の狂詩曲

元は韓国のジェネシスシリーズという人気RPGシリーズの1つで、
それを日本語版としてファルコムが移植した作品でした。

TVや音楽の韓流ブームって本当にあったのか?
何か知らない間にブームになっていたり過ぎていたり、
知らない間に大スターができあがってたりして時代に残された気もしますが、
っていうか冬ソナだけだろとも思わなくもないのですが、
だからと言って全部排除するつもりもないわけでして。

欧米のADVとかはプレイしていますので、
比較的海外のゲームにも興味ある方でしたからね。
韓国で人気のストーリー重視RPGというのにも興味を惹かれましたし、
まだ当時は信頼を寄せていたファルコムによるリニューアルということで、
興味を持った作品でした。

まぁ、結論から先に言ってしまうと、
どこまでファルコムがリニューアルで手直しできたか知りませんが、
まだまだ洗練されていないよなって感じでしょうか。

ストーリー重視と言いつつ結構自由度は高いので、
ゲームとしても遊べるんです。
ただ、微妙に操作性が悪かったりして、
自由度の高さは褒められるけど、
戦闘面はむしろマイナスになってしまうわけで、
全体的にゲーム部分に関してみてみると、
決して悪くはないけど褒めきれないって感じなのです。

ストーリーは「モンテクリスト伯」をモデルにしたとのことですが、
まぁ普通に面白かったのかなと。
ただ、シリーズ物の一部ということもあり、
これ単体だとちょっと分かりづらい面もありましたし、
これまた普通に楽しめるけど、
長所として褒めるにまでは至らないって感じなのです。

それと、ストーリー全体はかなり暗いです。
個人的には暗いストーリー自体はむしろ好みとするとことろなのですが、
特にラスト直前では、
トゥルーEDだと確か主人公とヒロインが皆死んでしまうという、
まさかの展開が待ち構えていたはず。
おそらくそれだけでアウトという人も出てくるでしょうから、
その点だけは要注意でしょうね。
個人的にはそれはそれでありだとも思いますが、
どうみても一般受けする路線には思えないわけで、
これがヒットしまくるというのはお国柄の違いなのかなと、
そっちの方が気になってしまいました。
余談ですが、アーク3も死にまくってたし、
この年って暗いゲームが多かったですね。

グラフィックとサウンドは良かったです。
ゲーム機に増えていた3D路線ではないですが、
全てがそういう路線である必要はないですからね。
2Dのゲームも需要はあるわけで、2D系のゲームとしては綺麗でした。

総じて、普通に面白いのだけれど、
数年前の日本の名作・良作レベルなのかなと。
正直、このグラフィックレベルで、
『海の檻歌』を作って欲しかったわけで、
それだけが、今でも非常に心残りだったりしますね。

ランク:C(佳作)

西風の狂詩曲

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/884-2255220a
| ホームへ戻る |