INVITATION 影からの招待状

INVITATION 影からの招待状

『INVITATION 影からの招待状』は、
1989年にTOWNS用として、データウエストから発売されました。

データウエストの看板タイトルである、
サイキックディテクティヴシリーズ。
本作はその第1弾にあたります。

Invitation

<概要>


ジャンルはコマンド選択式のADVになります。

大まかなあらすじとしては、
主人公・降矢木和哉は、人間の心の中に世界に潜入し、
事件の謎を解明する探偵です。
舞台となるのは、古い因習が今尚残る地方の旧家、白鳥家。
そこで女当主である白鳥きくは、半年前から昏睡状態にある孫娘、
白鳥麻美の意識回復させるため、主人公にサイコダイブを依頼します。

<ストーリー>


このシリーズには大きな特徴が2つありました。
1つは主人公がサイコダイブすることで、
キャラの心象世界が舞台となることです。
単純なストーリーの出来はそれ程突出しているわけでもないのですが、
心象世界をもゲームの舞台とすることで、
他のADVとは一線を画する独特の世界観の構築に成功したのです。
これによって、プレイヤーも新鮮な感覚で楽しむことができたわけですね。

この傾向はINVITATIONも含めシリーズ全般に共通するのですが、
まだ処女作ということで、この部分に限ればシリーズ内では目立たないのかなと。
その代わり、処女作ということで設定の齟齬も生じていないですからね。
ストーリーの濃さという点ではシリーズ他作品に軍配が挙がるかもしれませんが、
完成度という意味ではシリーズ内でも屈指の出来と言えるかも知れません。
同じ年に2の『メモリーズ』も発売されるのですが、
私は個性を重視するので癖の強い『メモリーズ』の方が好きです。
しかし、まとまりという観点からは本作に分があるわけで、
ここら辺はもう好みの問題と言えるでしょうね。

<演出>


シリーズのもう一つの特徴は、DAPSによる動画と音声にあります。
このシリーズはDAPSというシステムによって、
当時最高の演出を実現することができたわけです。

もっとも、動画と音声の同期に成功したのは3作目の『AYA』であり、
INVITATIONには音声がついていません。
本作に関してはまだまだ発展途上中であり、
演出面も続編ほどには、大きな長所とまでは言えなかったでしょうね。

<ゲームデザイン>


それと、後のシリーズとは大きく異なる本作だけの特徴として、
ゲームシステムがあげられます。
後のシリーズ作品はシンプルなコマンド選択式で、
後の作品ほど攻略が簡単になっていきます。

INVITATIONにはいわゆる時間の概念があって、
キャラは特定の時間・場所にしかいません。
これにより異常なまでに難易度が高くなっており、
自力クリアはかなり困難な状況になっていました。
つまりシリーズ全体では演出重視の作品なのですが、
本作に限って言えば、DAPSが未成熟ということも相俟って、
ゲーム性重視の作品だったのです。
結果的に、シリーズ最高かつ最凶のゲーム性を有していたわけですね。

尚、キャラが特定の時間・場所にしかいないことから、
繰り返される光景がループものに通じる印象を与えます。
良し悪しはともかくとして、これもまた本作の特徴ではあるのでしょう。

<感想・総合>


総合では、全ての項目で水準ライン以上を保ちつつ、
世界観の特異さ等の長所があるわけですから、
十分に名作と呼べるかと思います。
ただ、同じ年に発売された『メモリーズ』の方が個性が強いので、
個人的にはメモリーズの方に更に高い点をつけた形になります。
もっとも上述のように、ゲーム性では本作の方が上ですし、
何を重視するかでも好きな作品は異なってくるのでしょう。
もちろん、ファンならどれも好きなんでしょうけどね。
だから評価は、あくまでも普段の私の基準ではってことですね。
ゲームとしての歯ごたえも要求するなら『INVITATION』、
シリーズの持つ異質さを極めたのが『メモリーズ』、
ストーリーの良さなら『オルゴール』、
ネタ的なものも含めたグラフィックのインパクトなら『AYA』と、
重視する点の違いによって好きな作品が分かれうるのもまた、
このシリーズの特徴であり「味」なのでしょう。

ランク:A-(名作)

インビテーション

関連するタグ ADV /TOWNS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/879-771062b1
| ホームへ戻る |