Maple Colors (メイプルカラーズ)

Maple Colors (メイプルカラーズ)

『Maple Colors (メイプルカラーズ)』は2003年にWIN用として、
CROSS NETから発売されました。

ゲームジャンル:移動式ADV

Maple Colors

ジャンルはマップ内を自由に徘徊してフラグを立てていくタイプのADV。
昔はそれなりにあったシステムですが、
この頃にはすっかりなくなってきていましたからね。
理屈抜きに、ただ単純に楽しかったです。

流れとしては学園祭で演劇勝負をすることになり、
非協力的なクラスメートの協力を得るべく学園中を動き回り、
ミニゲームで勝利するなどキャラごとの条件を満たすことで、
仲間を増やしていくことになります。
ストーリーの展開と移動式ADVであることはマッチしていましたし、
ゲームの世界にすぐに入っていける作品でした。

またグラフィックというか演出面も優れた作品で、
キャラも多くてボリュームも満点でした。
満足度は結構高かったですね。
たぶん、多くの人が満足できるのではないでしょうか。
だから私も、最初はこれは名作だって感じたんですよね。

でも1本の作品としてみた場合、
このゲームならではという新しい試みがない点は残念でした。
2000年以降のアダルトゲームはノベル物ばっかりなので、
中には新鮮に感じた人もいたでしょう。
しかしこうした類のゲームだって昔からいろいろ発売されており、
私が名作と判断してきた作品のどれもが、
その作品ならではのオンリーワンたる要素を兼ね備えていました。

本作は、その点が非常に物足りなかったんです。
本作は各キャラとのフラグを立てる際に、
かなり多くのミニゲームが存在します。
結構難しいミニゲームも多く、歯応えもあったしそれなりに楽しめました。
でも言い方は悪いですが、
所詮はミニゲームの寄せ集めとみることも出来るでしょう。
アクション性を要する他ジャンルのミニゲームの数を増やすのではなく、
ADVなんだからADVとしてのゲーム性の向上を追求して欲しかったわけでして。
それが本作に横たわる名作と良作との壁なのかなとも思ったりも。

まぁ私自身かなり楽しかったんですけどね。
でも良く考えると、好きな系統を久しぶりにプレイできたから、
それで興奮したんだろって話でもありますし。
RPGでも何でもそうですが、
飽きたと思っても久しぶりにやると面白いですからね。
でもこの内容で98時代にプレイしていたら、
逆にあまり楽しめなかったのではないかと思ったことから、
少し考え直したのです。

そういうわけでかたっ苦しいことを言うのであれば、
やっぱり本作は良作止まりなのかなと思います。
ただ、冒頭でも書いたように小難しいことを抜きに考えれば、
本作は楽しいです。
凄いとか感動したというのはないけれど、とにかく楽しいのです。
可愛い女の子が一杯出てきて、一杯Hもありますからね。
買って絶対に損はしない、そんな作品だと思いますね。

ランク:B(良作)

Maple Colors

関連するタグ WIN /ADV /移動式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/875-5b1eed67
| ホームへ戻る |