スターオーシャン セカンドストーリー

スターオーシャン セカンドストーリー

『スターオーシャン セカンドストーリー』は、
1998年にPS用として、エニックスから発売されました。

スターオーシャンシリーズの2作目ですね。

ゲームジャンル:RPG

スターオーシャン セカンドストーリー

開発はトライエースで、元はテイルズオブファンタジアの制作陣であり、
大まかな方向性も似ていますね。
つまりアクション性を取り入れた戦闘に、
いろんなやり込み要素のある作品だったわけで、
それとこの頃では綺麗な2Dのグラフィクもありましたね。

RPGの進化の方向性はいろいろあるわけで、
私はPS以降のFFも大好きなのですが、
だからと言って周りまで同じ路線を歩む必要性は全くないと思います。
真似して劣化版みたいなのが出来上がるくらいなら、
たとえ流行からずれても独自の道を歩むべきだと思うのですよ。
そういう点では、トライエースのゲームは良くも悪くもぶれないわけで、
1つの方向性を歩み続けているように思います。
(最近は何だか微妙なのですが…)

絵が綺麗でサウンドも良く、やり込みもできるということで、
基本的には良質な作品でした。
これでもう少しストーリーが面白ければ名作扱いだったのですが、
ちょっと物足らなかったのかなと。
ストーリーはいつもトライエースの弱いところなわけで、
RPGにストーリーなんぞいらんって人なら気にならないかもしれませんが、
個人的にはちょっと残念でした。

後はバグですね。
さっきのストーリーと異なり、私はバグには寛容な方なので、
ここはそんなに気にならなかったんですけどね。
私が単に運が良かっただけかもしれないし、
フリーズする人は頻繁にフリーズするみたいなので、
そういうのが気になる人には相性が悪い作品かもしれませんね。

良いところもあるけど悪いところもあるわけで、
それらが打ち消しあって総合では良作ってところでしょうか。
まぁ、作品への感想自体は普通に楽しかったねで終わってしまうのですが、
それにしてもその後の発展って予想できないものですね。
テイルズ制作陣の主力が抜けてトライエースになったのだから、
残ったメンバーで作ったテイルズよりも、
トライエースの方が伸びていくと当初は思ったんですよ。
でも、確かに今でもトライエースは頑張ってRPGを作っていますが、
それ以上にテイルズシリーズの勢いの方があるわけで、
この当時にはこういう状況になるとは思いもしなかったのです。
ホント、分からないものですね。

ランク:B-(良作)

スターオーシャン セカンドストーリー

関連するタグ PS /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/874-c18152af

45・「スターオーシャン ザ  セカンドストーリー」※

| ホームへ戻る |