エターナルメロディー

エターナルメロディー

『エターナルメロディー』は1996年にSS及びPS用として、
メディアワークスから発売されました。

キャラデザがmooさんということで、
『ウィザーズハーモニー』の流れを汲みつつ、
『悠久幻想曲』の前身ともなった作品でしたね。

ゲームジャンル:育成SLG+双六
エターナルメロディー

基本は育成SLGなのですが、途中の戦闘が双六風になります。
この双六要素を加味したというのが本作の肝であり、
ここをどう捉えるかでも印象は変わってくるでしょう。

まぁ、個人的にはあまり良い印象はなかったですけどね。
こういうところでランダム要素を持ち込まれても、
あまり楽しめないのですよ。

mooさんの描くキャラは可愛かったですし、
『ウィザーズハーモニー』の頃よりも良くなっています。

全体的にも進歩はしているので今やったらこっちの方が面白いのでしょうが、
95年におけるウィザーズハーモニーと比べると、
いろんな面でインパクトが劣るように思います。
なので、総合でも1ランク落ちて佳作と判断しておきます。

ゲームの評価とは関係ないのですが、
本作に関しては売り方がせこかったですね。
SSとPSで微妙に変えて両方買わせようという魂胆は、
あまり好きではありません。
結果的に制作陣に対する不信感も募らせてしまった、
そんな作品でもありました。

ランク:C-(佳作)

エターナルメロディー

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/872-87b37861
| ホームへ戻る |