テセラ ~キミは、汚れた天使か聖なる魔女か!?~

テセラ ~キミは、汚れた天使か聖なる魔女か!?~

『テセラ ~キミは、汚れた天使か聖なる魔女か!?~』は、
1992年にPC98用としてGAMEテクノポリスから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

tecera01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

行方不明の女友達を探しながら、
謎の美少女テセラを助けるサイコスリラー。

最初の設定によって、異なるシナリオが展開されます。

<感想>


本作には幾つか特徴があるのですが、まずはシステムです。
このゲームは、初期設定で主人公の性質やら属性やらを変えられます。
どういう主人公かによって知識も経験も異なるから、
ゲームの難易度や展開が変わってくるということですね。

この発想自体は良かったと思うのですよ。
かなり後の『高2→将軍』というゲームでも、
主人公のスキルによって選択肢が変化しましたが、
分岐の楽しさを求めるADVの幅を広げる観点からは、
この手法はかなり有効だし可能性もあると思います。

ただ、それはあくまでも分岐を存分に用意して、
設定の違いを反映させられる下地があってこそでしょう。
本作はボリュームも少ないし、
設定の違いは途中のちょっとした違いにしか表れません。
着眼点は良かったのに全然活かしきれてないわけでして、
『初恋物語』といいこれといい、
当時のGAMEテクノポリスの詰めの甘さがモロに出た感じでしたね。

また、本作は基本的にはコマンド選択式のADVなのですが、
行動を選ぶ場合のコマンド選択が、
他のゲームより1クリック余計に手間がかかったりするんですよね。
これは結構鬱陶しいもので、
コマンド選択式の中でも出来は良くない方になるでしょうし、
選択式が苦手な人には耐えられないかもしれません。
新米ブランドがやらかすならともかく、
何でこんな仕様にしたのかどうにも謎でしたね。

tecera02.jpg

ゲームの中枢部分に関しては平凡という印象が強かった本作ですが、
グラフィックは文句なしに良かったです。

キャラデザの好みは人それぞれなんでしょうが、
本作や『初恋物語』のような絵柄は私はかなり好きな部類に入ります。
なので、一応個人的には元は取れたのかなと。

それと、この絵で目パチや口パクもありますので、
その点でも好印象でした。

<総合>


総じて、面白そうな要素はいくつもあったものの、
やや企画倒れって感じのゲームでしたね。

ただこの頃のGAMEテクノポリスのゲームは、
どれも中身はイマイチだったんですが、
上記のようにキャラデザが凄く好きだったわけでして。
そういう意味では一応楽しめたし、印象深かったりもします。

そのため他人がどう感じるかはともかくとして、
個人的には佳作ってところでしょうね。
化ける可能性も秘めていただけに、
設定やシステムを活かしきれなかったのが残念な作品でした。

ランク:C-(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト テセラ

関連するタグ ADV /コマンド選択式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/870-d631c596
| ホームへ戻る |