ブランディッシュVT

ブランディッシュVT

『ブランディッシュVT』は1996年にPC98用として、
日本ファルコムから発売されました。

ブランディッシュシリーズの外伝として発売された作品でしたね。
ジャンル:フルマウスARPG

branVT01.jpg

本作はオリジナルはPC-98からの発売であるものの、
後にWIN版が発売されており、
そちらでは『ブランディッシュ4 眠れる神の塔』と名称変更されています。
オリジナルが96年という98末期の作品なだけに、
WIN版での呼び方の方が認知度は高いかもしれませんね。

このVTの前にブランディッシュ1~3が発売されているわけですが、
私はブランディッシュVTがシリーズ初プレイ作品でした。

ブランディッシュシリーズはフルマウスオペレーションのRPGで、
マウス一つで全部できることが特徴になります。
また舞台となるダンジョンには多数のトラップがあり、
パズル性も非常に強い作品でした。
RPGにもいろんな方向性がありますが、
ダンジョン内での謎解きを極めて重視した作品だったわけですね。

そういう観点からは謎解き好きな私向けのゲームではあったのですが、
フルマウスオペレーションによる戦闘はアクション系のものであり、
つまりはアクションRPGとして本来は私の守備範囲外なんですよね。
でも98時代のRPGと言ったらやっぱりファルコムだろと思うわけで、
それで頑張ってやってみようと思った時に発売されたのが、
このVTだったというわけです。

さて、肝心の中身に関してなんですが、
実はシリーズのファンからはVTの評判はあまり良くなかったりします。
従来の作品はキャラとプレイヤーが一体となり、
背後からいつ襲われるかもしれないという、
恐怖と緊張感が常につきまとっていた作品であり、それが特徴だったのです。

他方でブランディッシュVTでは、視点がクォータービューに変更されました。
加えてキャラは中央に常に表示されるものですから、
視野が広がっているわけですね。
そのため背後から忍び寄られる恐怖感などの、
従来の作品の持つ特徴・魅力が失われてしまったのです。
branVT02.jpg

ファンの多い作品でこれまでの特徴を放棄した作品は、
本作に限らずどれも叩かれる宿命を担っています。
ブランディッシュVTはクォータービューを採用した時点で、
熱烈な前作ファンからのある程度の批判は、
免れられない運命にあったと言えるのでしょう。
こうした従来のファンの不満は十分に納得できますし、
仕方ない部分もあります。

しかし、シリーズと切り離して考えた場合、
ブランディッシュVTは決して悪くはないと思うのです。
ってか、私はかなり楽しめました。
ファルコムお得意のドットキャラの動きは相変わらず良かったですし、
クォータービューを活かしたアクションも、
ダンジョンの謎解きの歯応えも満足いく出来で、
かなり良く出来ていたと思いますから。

前作までのブランディッシュシリーズが持つ方向性は、
ある程度完成に至ったと言って良いでしょう。
そしてこれ以上同じ路線を続けても、
新たな収穫はほとんど得られなかったと思います。
それならば従来の方向性は捨てて、
新たな方向性を目指すことも良いことではないでしょうか。
だからこそ4でなく「VT」だったわけですしね。
シリーズの特徴を完全に受け継ぐ続編ではなく、
特徴を受け継ぎつつも新たな方向性も模索した外伝であると、
そう割り切れば別物としてかなり楽しめる作品だと思います。
まぁ、アクションRPGに関しては私は永遠の初心者に近い立場なのですが、
少なくともそういう立場からは楽しめた作品であり、
個人的にはかなり好きな作品でした。

ブランディッシュVT

ブランデイッシュ4 眠れる神の塔

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/87-dfac8188
| ホームへ戻る |