王将

王将

『王将』は1984年にPC88用として、
キャリーラボから発売されました。

私が初めて購入した非アクション系ゲームでした。

ゲームジャンル:将棋

OUSHO02.gif

さて、タイトルから想像がつくように、
まんま将棋ゲームです。
違ってたら逆に怖いわけで、看板に偽りなしってやつです。

今なら変わったゲームを好んでプレイするのですが、
初購入の作品は定番中の定番だったわけですね。
いや、正確には最初のPCがPC-8801の初代の機種(…だと思う)で、
家に来たのは83年だったんです。
PCだのパソコンだのって言い方ではなく、
専らマイコンって呼ばれていた時代ですね。
83年はファミコンも発売された年だったのですが、
私はファミコンより先にPCに触れたタイプでしたので、
少数派だったのでしょう。
もちろんCD-ROMなんてものは存在せず、
FDDも3.5や5.25インチではなく8インチでした。

で、ミニゲーム集とかちょっとしたオマケとか、
今とは逆にアクション系には手を出していたのですが、
もうタイトルが思い出せなくなってしまいました。
探せばどこかにあるのでしょうけどね。
非アクション系でもあり、
覚えている中で最初のゲームがこの『王将』だったわけです。

購入した理由は単純なもので、単に当時将棋にはまりかけていたからです。
やっぱり一人でも練習できるというのは大きいですからね。

内容的にはどうなんでしょうね。
買った当初こそ負けたりもしたのですが、
次第に勝てるようになりました。
でも問題はそこにあるのではなくて、
まだPCの性能が低いためにちょっと複雑な攻め方をすると、
延々と悩んでいたことにあるのです。

こちらが1手打つとしばらく向こうが考え、
また1手打つとしばらく考えって感じで、
段々待っている時間のほうが長くなってしまいました。
なので次第に同じくはまっていた、
海外翻訳物の推理小説を読んだりしてたのですが、
考えてみれば何だか今より爺臭い感じですねw

そもそもこのゲーム自体、フロッピーやROMカセットですらなく、
音楽を聴くのと同じカセットテープを用いていました。
カセットテープを二本入れられるダブルラジカセとかが昔ありましたが、
ダブルラジカセが最強のバックアップツールだったころの話です。
そのカセットテープをセットして再生するのですが、
ゲームを起動させるのにも30分くらいのロード時間、
しかもピ~ガ~ってうるさい騒音付きだったんですね。
ひたすら待ってようやく始めたゲームで、
ゲーム中にも更に待たされるわけですから、
とにかく辛抱と待つことの印象が鮮明に残っているのです。
ファミコンやSFCしか知らない人の中には、
PSやSS以降の時代になりロードが耐えられないと言い出す人もいました。
そして昔のゲームはロード時間がなくて良かったと言い出すわけですね。
でも80年代前半のPCのゲームを経験していると、
多少のロード時間は気にもならないのですよ。
あの当時に比べれば、今のロード時間なんてあってないようなものです。
まぁ、昔は情熱でもって待つことができたけど、
今はすぐにイライラしてきちゃうわけで、
TVの大きさと同じで一度快適なものに触れると、
もう元に戻れないって気持ちもありますけどね。

そういうわけでひたすら待った記憶ばかりなのですが、
でも当時のPCの性能ならこれも仕方なかったのでしょう。
最近は違うかもしれませんがゲーム機でも一時期までは、
新ハードが出るたびにローンチとかで将棋ソフトが出たものでした。
ゲーム機の性能という面では将棋ソフトは格好の物差しだったわけで、
新ハードが出るたびに将棋ソフトを購入し、
その度ごとに進化を感じたものです。

全然関係ない話ばかりになってしまいましたが、
たまには思い出話ってことで。

ランク:C(佳作)

関連するタグ PC88 /ETC /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/867-45fc6606
| ホームへ戻る |