微少女

微少女

『微少女』は2009年にWIN用として、
たぬきそふとから発売されました。

ロリは良いですね~
近年久しぶりにそう思えた作品でした。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

微少女 完全受注生産版

ジャンルはノベル系のADV。
オーソドックスなタイプですね。
内容は学園の講師が生徒に手を出していくというもので、
これまた良くあるパターンでしょう。

ただ、中盤の展開は良く出来ていたと思います。
後半はヒロインらとのHシーンばかりなのですが、
そうなると他の同系統の作品と何ら変わりません。

むしろ、中盤の覗きをしたり悪戯をしているシーンが、
このゲームの中では非常に楽しかったです。

グラフィック及びキャラに関しては、
何と言っても属性があるか否かで大きく分かれるでしょう。
しかし、中には私のように、
近年の幼女にも似たアンバランスな頭身が合わないって人もいるでしょう。
本作は同系統作品の中でも対象はやや高めで、
頭身に不自然さがありません。
表情と塗りでロリ分を演出している感じで、
私が久しぶりにプレイしてみる気になれたのも、
そこら辺が大きいように思われます。
もちろんこの類のゲームが好きな人も満足できるでしょうが、
あんまりこの手の属性はないんだよな~って人も、
これは案外いけるんじゃないでしょうか。
全ては己の直感次第で、
何か惹かれるものがあるならたぶん楽しめるように思いますね。

個人的には結構満足したのですが、
冷静に見ると問題点もあります。
先ほど中盤が面白いと書きましたが、
言い換えれば終盤はそこらの凡作と何ら差がありません。
レベル的にも展開の幅的にもです。
中盤のテンションを維持し続けていれば名作だったのでしょうが、
ちょっと勿体無かったですね。
また、厳しい見方かもしれませんが、
この物語はこの絵でなくても、
もっと年齢の高い絵でも何ら問題がありません。
つまり、絵を活かした物語ではないんですよね。
そこら辺が名作と呼ばれるゲームとの大きな差異なんだと思います。

主観的には良作以上なのですが、
冷静に見れば総合では佳作といったところでしょうか。
限りなく良作に近い佳作ではありますけどね。

尚、本作ではどのヒロインにも腹ボテがあります。
これは属性として好きな人もいると思いますので、
腹ボテが好きな人ならまず良作以上と感じられるのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

微少女 完全受注生産版

微少女 HD版

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/86-607922a1
| ホームへ戻る |