奈緒美 ~美少女の館~

奈緒美 ~美少女の館~

『奈緒美 ~美少女の館~』は1993年にPC98用として、
レッドゾーンから発売されました。

マルチストーリーマルチエンディングのノベル系ADVで、
内容的には館物でした。

naomi01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

女子高生の奈緒美とミナが洋館に迷いこんでしまい、
そこで遭遇する不思議な出来事を描いた作品になります。
従って、内容としては、いわゆる館モノになります。

<感想>


本作はノベルゲームであり、選択肢を選ぶことにより、
物語が分岐します。
もっとも当時はノベルゲームという呼称は一般的ではなく、
マルチストーリー・マルチエンディングADVとの呼称の方が、
おそらく一般的なのでしょう。

こうしたマルチストーリーマルチエンディングADVに関しては、
何と言っても『河原崎家の一族』(1993)が有名ですが、
本作はよくその比較として名が挙がる、
具体的には本作の方が先に発売されたという紹介されることが多いです。

実際、本作の方が先に発売されたことは事実なのですが、
ここで若干注意すべきことがあります。
と言うのも、マルチストーリーマルチエンディングのノベルゲーは、
実は80年代のPC-88のアダルトゲームでも既にありましたので、
河原崎家はもちろんのこと本作も元祖とはならないのです。

そうは言っても、河原崎家は非常に高い評価を得ました。
確かに河原崎家は元祖ではなかったのですが、
一度廃れかけたマルチストーリーマルチエンディングに再度焦点をあてて、
誰もが納得できるレベルで完成させた、
いわば中興の祖的な作品と言えたからなのでしょう。

似たような設定である以上、
本作がその位置に就くことも十分にありえたでしょう。
しかしそうならなかったのは、幾つか理由が考えられると思います。
まずは見た目が寂しいこと。
黒画面に文字だけという展開が、本作では多かったりします。
これは、プレイしていてちょっとさびしかったんですよね。
黒画面でなくても無機物だけってのも多いので、
画面を見て楽しめる要素が希薄だったんです。

もう一つは、分岐の仕方ですね。
河原崎家をはじめとする、
この当時のマルチストーリーマルチエンディングADVは、
選択によって大きく展開が変わっていきました。
つまり、自分の選択によってダイレクトに様々に展開が変化していき、
それが支持されたのです。

本作はマルチストーリーマルチエンディングではありますが、
1つの選択肢で大きく変化することはありません。
ED数とかも少ないですしね。
記憶が曖昧なのですが、6つとかそのくらいだったと思います。
幾つかの選択肢の合計で判断されていくので、
いわば今のノベルゲームの好感度と同じ仕組みをとっているのです。
この手法は長めのストーリーでストーリーに集中させる分には良いのですが、
マルチストーリーマルチエンディングの分岐の楽しさという観点からは、
あまりプラスにはならないかと思います。
つまり本作は、システムの面白さを伝えきれなかったわけです。
他にもボリュームの少なさとかもありましたから、
そこら辺が中興の祖になりえなかった要因なのでしょう。

では、このゲームは楽しくないのかというと、
必ずしもそうではありません。
物語の持つ淫靡さは河原崎家以上とも言えなくもないですし、
黒い画面に白い肌がぼわっと浮かび上がる光景は、
雰囲気を盛り上げるのに非常に役立っていました。
独特の不気味さで絶えず緊張感を持ってプレイが出来ましたし、
基本的には非常に良く出来た作品だったと思います。

また主人公が女性ですので、Hシーンもレズになります。
ですので、レズ好きにも楽しめたでしょう。

<総合>


総合的には良作ってところでしょうか。
小粒な作品ですが、プレイ時間以上に印象に残る作品でもありました。
何だかんだで本作もそれなりに有名ですし、
本作が「名前シリーズ」の2作目ということも後押しして、
根強いファンもいる作品ですし、
それだけの内容は有していたとは言えますからね。
だから歴史的意義がどうのと面倒なことは抜きにして、
館物が好きな人ならプレイして損のない作品だと思いますね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 奈緒美 美少女達の館

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/857-a5f1ef56
| ホームへ戻る |