ルナティックドーン

ルナティックドーン

『ルナティックドーン』は1993年にPC98用として、
アートディンクから発売されました。

アートディンクの看板タイトルであるルナドンシリーズ。
本作はその初代となります。

PC-9801 3.5インチソフト LUNATIC DAWN

国産RPGとしては他に類を見ない程の圧倒的自由度をほこったこのシリーズ。
初めて知ったときの興奮は凄かったですね。

ゲームの魅力は自由度の高さでほとんど説明がついてしまうし、
続編の2も同じ路線で既に感想は書いているので、
同じようなことの繰り返しになるから少し省略します。
順番が逆になってしまいますけどね。
ただ、戦闘は2よりも初代の方が凝っていたかもしれません。

となると、私の考え方からすれば、本作の評価は高くなりそうなものです。
しかし続編の2は名作と考えているものの、
本作は名作だとは考えていません。

その理由は簡単で、とにかく重かったからです。
このシリーズには濃厚なストーリーや魅力的なキャラはいません。
でもその代わりに、いつでも好きなときに好きなことができるのです。
ちょっとした時間に少しでも進めて楽しめるってのが、
このゲームの良さなんでしょう。
でも、そういうのこそ快適に遊べることが大事なわけで、
本作のように異常に重いと楽しめるものも楽しめなくなってしまいます。

このゲームに関しては、ハードディスクがまだかなり高かった時代に、
容量をかなり食って困ったという逸話はつきものです。
それはそれで問題なのですが、まだ我慢もできました。
しかしこの重さは耐えられなかったわけでして。
私にしては非常に珍しいのですが、
このシリーズに関しては2が良かったよなって思ってしまうのです。
なので、総合では良作としておきたいと思います。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト LUNATIC DAWN

関連するタグ PC98 /RPG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/845-ac270666
| ホームへ戻る |