つくとり

つくとり

『つくとり』は2007年にWIN用として、
rufから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

つくとり

もともと伝奇ミステリー系の話は大好きな上に、
ライター陣もそれなりに知られてますので、
それで興味を持った作品でしたね。

ジャンルはノベル系のADV。
構造的には途中で3つに分岐して、最後で1つにまとまります。
実質的には1本道のノベルと考えて良いですね。
内容的には一応は叙述要素を加えた伝奇ミステリーってところでしょうか。
ぶっちゃけ、ひらたく言えばひぐらし+車輪÷3のような作品です。

ん~と、褒めようがないので、淡々と行きましょうか。
まずはグラフィック。
原画はぼうのうとさん。
メッセンジャーフロムダークナイトからのつきあいとなりますが、
若い人にはブギポの人の方が通りやすいのかな?
ゲームの原画としては10年以上のキャリアがあるわけですが、
昔のゲームより酷くなってないかな…
まぁ、それは好みの問題だとしても、
ノベルゲーはノベルに絵や音がつくことで新たな感動とかを生むんでしょ?
じゃあ、肝心な所にCGのないノベルゲーに、
一体どういう価値があるのでしょうか。
本作をやっててまず思ったのは、そのことなんですよね。
あるべきところにないってのは、やっぱりゲームとしてマイナスでしょう。

それと、本作は選択肢もなく純粋に読んでいくだけです。
それはそれで構わないとしても、
フラグ管理とかから開放されているのですから、
せめてもっと読みやすいよう配慮をすべきでした。
細かなシステム面が不十分で、手抜きに思えてしまうのですよ。

ここまではいろいろと足りない面だったわけですが、
逆に無駄に多すぎる面もあるわけでして。
1つは誤字脱字の多さ。
私はあまり気にしないし点数にも影響しないですが、
他の不備面とあわせるとやる気がないよな~って思えてしまいます。

また、無駄にボリュームが多く、
不要な場面に無駄にギャグが入って興ざめしてしまうこともあり、
センスのなさを感じちゃうのです。

そして1番の問題となると、やっぱりストーリーになるのでしょうか。
ミステリーとして考えた場合、オチがしょぼすぎます。
伝奇要素にしろミステリー要素にしろ、
ちょっと前に他所でやったようなネタなため、
その時点でセンスのなさを感じてしまうのですが、
オマージュ的意味合いで作るのであれば、
せめて完成度を高めてプラスアルファを加えて作るべきでしょうに。
それができていないのだから、もうどうしようもありません。
ってか、本当のミステリー好きの人はこれはやらない方が良いでしょう。
ミステリーに詳しい人ほど、楽しめないと思います。

冒頭で内容面に一応はとつけたのは理由があって、
一見すると叙述要素を混ぜた伝奇ミステリーなのですが、
その方面では壊滅的に駄目なのです。
だから、そっち方面では全く期待できません。
しかし、人間ドラマと捉えると、まぁそれなりにできているんですよね。
なので内容は人間ドラマとした方が、より正確なのかもしれません。
そういう意味では、それなりに楽しめるのかなとも思いますが、
とにかく他が駄目すぎるので、ドラマとして楽しみきれないのです。
絵・音・ゲーム性が機能していない以上、
この程度の人間ドラマを求めるのであれば、
小説でも読んでた方がずっとマシですから。
まぁ、でも駄目な部分はなければ減点にはならないのだから、
いっそのことミステリー的要素が削ってあれば、
もう少し楽しめたのかもしれませんね。

ん~一応は自分の好きな分野で、
評判が良さそうっていうので期待したのですが、
ちょっと酷すぎましたね。
とにかくやっつけで作ったような、そんなやる気の無さが伝わってきて、
とても残念な作品でした。

ランク:E(駄作)

つくとり

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |