逆転裁判3

逆転裁判3

「逆転裁判3」は2004年にGBA用として、
カプコンから発売されました。

法廷を舞台にしたシリーズの第3作目になりますね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

逆転裁判3

正直なところ、2を終えた時点で逆裁への関心はかなり薄れたのですが、
3で完結という話を聞いたものですから。

シリーズ3作目ということでもう細かい概要は省略してしまいますが、
まずゲームデザイン面では大きな変更はないですね。
細かい操作性などのシステム周りは改善されていますので、
全体的にマイナーチェンジが施されたってところでしょうか。
これを1作目からできていればまた印象が違っただろうにと思うと、
少し勿体無いような気もします。

これまでは4話構成だったのですが、本作では5話構成となっており、
ボリューム的にも向上しています。

ストーリーは完結編ということで纏まってきていますし、
システム周りの改善とボリューム向上とあいまって、
ファンならば満足できる仕上がりになっていたようにも思います。

ただ、やっぱりどんどんファン向けゲーの色合いが強くなってますね。
キャラゲーとしての色も強くなっていますが、
霊媒ネタとかが増えだしたりして、
逆裁的にはありなのかもしれないけれど、
もっと普通の裁判モノを望んだ人が求めるものからは、
どんどんかけ離れていったようです。
私は後者でしたので、好きな人は好きなんだろうなと思いつつも、
個人的にはガッカリ感の方が強かったです。

システムの変化もないし、
グラフィック等の他の面での新たな楽しみもないですし、
ファンでなければあえてプレイする必要もない感じになったように思います。
端的に言えば、買った私が悪いのです。

今回は楽しんだ時間よりも何かこれ違うだろという違和感の方が大きく、
とても元を取れたとは思えなかったので、総合でも凡作にしておきます。
まぁ普通であれば、まずは初代からプレイするでしょう。
もし仮に1と2をプレイして大ファンになれたら、
今作も十分に楽しめる可能性は高いと思います。
逆に1よりも2の方が楽しめなかった人は、
今作は更に楽しめなくなるおそれが強いと思います。
良くも悪くもファン向けのゲームだということなのでしょうね。

ランク:D(凡作)

逆転裁判3

関連するタグ ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/838-23d436ea
| ホームへ戻る |