復讐

復讐

『復讐』は1997年にPC98用として、
CROWDから発売されました。

CROWDのデビュー作となる作品が『復讐』でした。

ゲームジャンル:選択式ADV

hukusyuu01.jpg

ストーリー的には、いじめにあってきた主人公が、
共学に変わったばかりの元女子校に入学。
新たな未来を期待したものの、そこでも女性4人組にいじめられてしまい、
復讐を決意するという陵辱モノになります。

さて、そういうわけでストーリー的には復讐がキーとなるわけですが、
あまり期待しない方が良いでしょうね。
結局陵辱の口実みたいな感じになってしまい、
あまり意味がなかったように思います。

まぁ、抜きゲーと考えてしまえば、
ストーリー云々は大した問題でもないのでしょうけどね。
キャラは高圧的できつそうな娘ばかりで、
かなり好みでしたから。

こういうのを閉じ込めて陵辱できるってだけでもツボなので、
それなりには満足できたんですよね。
ただ、ところどころでデッサンがおかしいところもあって、
絵だけで満足できたと言うには、ちょっと足りなかったのかなと。

システムはコマンド選択式のマルチエンドタイプなのですが、
「考える」→「~」みたいな二段階構造ではなく、
「考える」とか「みる」みたいな一段階目が省略されています。
つまり手間が1つ省かれているので、
この点は良心的だったようにも思います。
他のシステム面も揃っていましたし、
当時としては良く出来ていた方かと思います。

これでもう少しボリュームがあれば佳作と言いたいところなのですが、
ちょっと小粒でしたね。
キャラが好みで主観点は高めだとしても、
全体的にはいろいろ物足りなさもあったわけで、
総合では凡作ってところでしょうか。

因みに、私はリメイク系にあまり興味がないので知りませんでしたが、
2001年には『復讐~凌辱の刃~』というのが出てまして、
ストーリー的にはリメイクっぽいのですが、
キャラが絵も設定も全然違う感じですね。
プレイしていないのでストーリーの向上は分からないのですが、
このゲームはツリ目のきつそうなキャラを犯すことに魅力があるのであって、
可愛い系じゃ何だかなぁ~って気もしますね。

ランク:D(凡作)

PC-9801 3.5インチソフト 復讐

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/835-659eb24d
| ホームへ戻る |