ザ・シムズ3

ザ・シムズ3

『ザ・シムズ3』は2009年にWIN用として、
エレクトロニックアーツから発売されました。

ゲームジャンル:SLG

ザ・シムズ3

SIMSシリーズは世界で最も売れたPCゲームらしく、
世界規模で見れば当然知名度も抜群なんでしょう。
そのわりには日本ではマイナーなイメージも強いわけで、
何か不思議な気分ですね。

さて、このシリーズは2で大化けしました。
…と、私が思っているだけかもしれませんけれど。
何れにしろ私がこの手のゲームに求めていたものは、
2でほとんど満たされているような気がします。
なので、前作はBBBの傑作として、
非常に高く評価しているんですよね。

それを受けての本作なわけですが、今回も出来は非常に良いです。
おそらく純粋なSLGの完成度としては、
ここ数年では最高なのではないでしょうか。
完成度の高いSLGをプレイしたい人にはオススメだし、
完成度で評価する人ならかなり高評価になるでしょうね。

ただ、私はどちらかと言うと独自性を重視するタイプなわけでして。
シームレスで行動できる本作は快適に遊べますし、
プレイもしやすくはなっています。
でも、基本的には前作のマイナーチェンジなんですよね。
前作なら3D化という大きな変化もありましたが、
本作にはそういう要素もないですし。

前作の大ファンなら当然楽しめるし、
前作を知らない人にもオススメではあります。
しかし前作で満足しきった人や新たな刺激を求める人には、
ぜひやってくれと言えるほどでもないと思うわけでして。
そういうわけで、出来のわりには私の評価は辛めになっているんですよね。

まぁ一番根っこの部分からして、ちょっと違っていたのでしょう。
前作はハイエンドPCでないと動かなかったので間口は狭かったのですが、
その代わりに当時の最高水準のグラフィック等が用意されていました。
今作は普通のPCでも動くので間口は広く多くの人が楽しみやすかったですが、
その代わりにインパクトも前作ほどではありませんでした。
PCゲーは高スペックを要しても構わないから進化を見せて欲しい。
私の場合はそう考えてしまうので、
3の目指したものと根本的にずれていたということなのでしょうね。

ランク:B-(良作)

ザ・シムズ3

関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/826-9cc7489c
| ホームへ戻る |