電撃ナース

電撃ナース

『電撃ナース』は1992年にPC98用として、
カクテルソフトから発売されました。

92年のアイデス作品は実験的な作品が多く、
電撃ナースもまたその中の1本でした。
そのため胸を出すシーンとかはあるものの、
過激さはないということで一般作扱いになっています。

dengekin01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

大まかなあらすじとしては、世界征服を狙う秘密結社と、
その結社を裏切り電撃ナースに変身して戦うきららの活躍を描いた作品で、
ノリとしては変身ヒロインものって感じになりますね。
dengekin02.jpg

<感想>


ゲームシステム的にはコマンド選択式ADVで、
ところどころでバトルが入るという形式になっており、
全5話のストーリーから成るという構成でした。
dengekin03.jpg

基本的にはノリと勢いで突っ走るタイプのゲームであり、
コメディ系の作品となるのでしょう。
ただ、随所にパロディネタがちりばめられていました。
パロディ系は今は一杯ありすぎてすっかり飽きてしまっていますが、
当時は非常に珍しかったですからね。
そういう事情もあってインパクトは結構あったのかなと。

というか、かなりぶっ飛んだ内容だったので、
電撃ナースには今でも熱烈なファンがいるんですよね。
その気持ちも分かるような、
はまる人はとことんはまるような雰囲気があったわけです。
シナリオ・ゲームデザインは葛西みなみさんになってますが、
これって田所広成さんの別名義でしたっけか。
そうなると、カクテルソフト時代の代表作になるんでしょうね。

<総合>


猫も杓子もパロネタに頼るみたいな最近の状況になってしまうと、
それはそれでちょっと考えるものがありますが、
当時はそれ以上に珍しさが先走りましたので、
個人的にも楽しさの方が勝った作品でしたね。
テンポ良く進みますし、良作なのは間違いないでしょう。

もっとも個人的には、周りの熱ほどにははまれなかったのかもしれません。
パロネタは良いのだけど、
そこから昇華してもっとキャラに魅力を感じられれば良かったのですが、
そこまでには至らなかったんですよね。
これが18禁で濃厚なエロがあればまた話は違うのですが、
一般作であるが故にエロとの融合みたいなのもないですし。
良作ではあるものの、もう一つパンチが欲しいなと、
楽しさの中にもちょっとした寂しさも感じてしまった作品でした。
なので個人的には良作止まりなのですが、
世間ではかなり評判が良かったみたいですし、
92年のADVで良いと思ったのは暗い雰囲気の作品ばかりでしたので、
ギャグ系の代表作となるとやっぱりこれあたりなのかもしれませんね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 電撃ナース

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

当然ソフトを動かすPCはもうないのだけど、おまけのCDはまだ健在だ。
当時は主題歌CD付きなんて珍しかったなぁ

返事が大変遅れてしまい、すみません。
最初にCDをつけたのは『コズミックサイコ』でしたっけか。
あの頃のアイデスはいろんな点で先端でしたね。
先日片付けていたら、『召使4』という実写ゲームの卓上カレンダーが出てきました。
肝心のゲームのCDは行方不明ですけど。
私はオマケに興味が無い方なのでぞんざいに扱っていましたが、時を置いてみると、いろいろ懐かしくなるものですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/823-f535db83
| ホームへ戻る |