フロントミッション5

フロントミッション5

『FRONT MISSION5~Scars of the War~』
(フロントミッションフィフス スカーズオブザウォー)は、
2005年にPS2用としてスクウェア・エニックスから発売されました。

ジャンルはシミュレーションRPGになります。

フロントミッション5

尚、シリーズは直接にはつながっていないので、
本作からプレイし始めても問題はないでしょう。

何とも不思議な作品でしたね。
個々の部分では好きなところが多いのです。

ストーリーは主人公の半生を扱ったもので、
そういうのってゲームでは少ないですからね。
それだけでも高く評価できるでしょう。

キャラは最大級のツンデレヒロインがいまして、
ツンデレキャラはいろいろ見てきましたが、
ここまでのものはそうはいないでしょう。

グラフィックもスクエニだけあって綺麗でした。
何だかんだでCGムービーは大好きな人間なんで、
久しぶりにスクエニの本領を感じ取ることが出来た気がします。

ゲームもやりこみ要素もあるし、良く出来てたでしょう。
こうしてみると、穴らしき穴がないんですよね。
完成度はかなり高いと思います。
2005年を代表する作品の1つと言って良いでしょうね。

ただ、何かイマイチはまりきれなかったです。
何か盛り上がらんというか、淡々としているというか…
システム的にもストーリー的にも、
次はどうなるんだろどうしても続けたいなってのが弱いんです。

つまり、設定は良いのだけれど、肝心のストーリーが薄いから物足りなく、
ストーリーがそうだから綺麗なムービーにされても楽しみきれない、
そういったところでしょうね。

ゲーム部分は不確定性が強いのが性に合わないのと、
あとは事前準備が多いわりにはそれが面白さに反映されず、
労力に見合ったものがなかったので、
それが楽しみきれなかった理由というところでしょうか。
ここはまぁ、私の好みの問題なだけかもしれませんけどね。
私は詰め将棋のように計算しつくせるタイプの方が好きなので、
本作のようなタイプとは相性が悪い方なんだと思います。
だから私のように初代FEこそ至高とか思っちゃう人にはどうかと思いますが、
そうでない人ならもっと楽しめる気もしますね。

そういうわけで、ぶっちゃけゲームを自分でプレイしているより、
リンのツンデレに至る変遷を動画で見てるのが一番楽しかったり。
まぁ、このシリーズが私とあまり相性が良くないだけで、
基本的な完成度は凄く高いですからね。
SRPGでここまでグラフィックが良いのも珍しいですし、
シリーズの中では1番楽しめました。
なのでFMシリーズの好きな人なら買いでしょうし、
他にも属性の合う人、具体的にはムービーが好きな人や、
ツンデレ好き(或いは罵られたいMな方)には、
オススメな作品なのではないでしょうか。

ランク:B(良作)

フロントミッション5

関連するタグ PS2 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

今の国内のシミュレーションゲームのタイトルを見渡す限り、フロントミッションみたいに3Dで作りこんだゲームは貴重ですよね。シームレスに移行する戦闘シーンなんかを筆頭に、細かい部分で技術的に関心させられるゲームでもありました。最新作があんなのになっちゃったのが残念です。

はじめまして、コメントありがとうございます。
SLGは他のジャンルよりグラフィックは重要でないかもしれませんが、S・RPGとかはRPG並のグラフィックも望みたくなるんですよね。なのにそういうゲームが中々ないわけで、だからこそ余計にもFMみたいな3Dのゲームは貴重に思えてきますよね。
おっしゃるように技術的に感心する部分も多く、やっぱりスクエニすげぇなぁ~って素直に思えた作品でした。
最新作はアクション系ということで私は最初からスルーだったのですが、どうやらかなり不評のようですね。
アクション系は他社も一杯作ってますし名作も多いので、そこにあえてFMをぶつける必要もないでしょうに。
個人的にはまたS・RPGで作ってもらい、このジャンルの技術的な底上げを図ってもらいたいものです。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/82-b883e04c
| ホームへ戻る |