鬼哭街

鬼哭街

『鬼哭街』は2002年にWIN用として、
ニトロプラスから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

鬼哭街

虚淵さんの作るバトルものということで、
ファンなら買ってください…以上って感じでしょうか。
虚淵さんらしさは随所に出ていると思いますし、
ファンならたぶん満足できると思いますから。

私はファントムで凄いなこれは傑作だなと思ったものの、
ヴぇドゴニアでは確かに面白いけど、
何だかこの人の底が見えてきたなと思ったわけで、
その懸念が露骨に見えてしまったのがこの作品となるのでしょうか。

鬼哭街は価格も安めではあったのですが、
それ以上にボリュームも少なかったわけでして。
これなら普通にラノベでも書けるよなって思ってしまいます。

もちろん他の要素が優れていれば良いのですが、
選択肢もありませんし、絵もあまり良いと思えませんし、
もはやゲームでやる必要を感じられなかったわけでして。

テキストは基本的に私の肌に合うタイプなのですが、
短いわりにバトル部分が多いことから、
過去作と比べると妙な窮屈さも感じてしまいましたしね。

ストーリーもバトルメインで他の要素は薄めですし、
全体的にこれまでの作品を小粒にしただけのように感じてしまいました。

とりあえず虚淵作品に興味があるなら、
ファントムとか別のからやるべきでしょう。
それで大ファンになれれば本作も楽しめるけれど、
似た系統のならもういいやって人にはすすめられないのかなと。

それでもラノベでこれなら普通に楽しめたと言っていたかもですが、
コスパなど在り方にも疑問を感じてしまったので、
個人的には元は取れなかったように思いますね。

まぁ上述の部分がプレイ当時の感想なのですが、
今はどっかの小説にエロをつけた作風を以前より低く見ていますので、
再評価したらもっと下がるかもしれませんね。

ランク:D-(凡作)

鬼哭街

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2002」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/817-9a67cbae
| ホームへ戻る |