AZEL パンツァードラグーン RPG

AZEL パンツァードラグーン RPG

『AZEL パンツァードラグーン RPG』は1998年にSS用として、
セガから発売されました。

ゲームジャンル:RPG

AZEL パンツァードラグーン RPG

AZELのタイトルにはRPGとわざわざつけてありますが、
もともとSSには『パンツァードラグーン』シリーズという、
3Dシューティングゲームがありました。
そのパンツァードラグーンシリーズの第3弾として、
ジャンルをRPGに変更して発売されたのがこのAZELでした。

ゲームに一体何を求めるかってことでもあるんでしょうけどね。
RPGにグラフィックなんぞ重要でない、奇抜なシステムなんかもいらない、
堅実なシステムと優れたバランスがあればそれで十分と、
某国民的RPGを崇拝するような古参の方からは、
或いはお叱りを受けてしまうかもしれません。
でも、私は綺麗なグラフィックも大好きですし、
斬新なシステムも大好きです。
あぁ?こういうのもあるんだ、出会えて良かったと思えるような、
新たな出会いや刺激を求めているのです。

前置きが長くなりましたが、
このゲームの最大の魅力はグラフィックにあります。
元が3Dシューティングの流れということもあり、
AZELもまたポリゴンで世界が構築されていました。

もちろん当時は既に他にもポリゴンのRPGはあったのですが、
あまり3Dであることの意味を見出せないものばかりでした。
それに対しパンツァードラグーンシリーズは、
竜に乗って空を飛び回るという特徴があり、
3D世界を存分に楽しむことができたわけです。

何かね、ただ飛び回っているだけで楽しいのですよ。
RPGをプレイしだした頃は新たな場所に進める感動を満喫したものですが、
本数をこなすうちに冒険する楽しみを感じられなくなりました。
しかしAZELではもっと世界が見てみたいと思えたわけで、
久しぶりに冒険することの楽しさを味わえたように思います。
この部分がゲーム最大の特徴でもあり、大きな長所とも言えるのでしょう。

システムも空間を活かした位置取りシステムなど、
AZELならではの特質を用いた独特かつ新鮮なものでしたし、
対象をロックオンするシステムなど、
シューティングゲームの特質を最大限にRPGに活かせてたと思います。
グラフィックと相俟って、
とにかく新鮮な喜びを味わえるゲームだったんですね。
音声もあってサウンド面も良かったですし、
まぁこれだけ際立つ特徴があれば十分に名作でしょう。

ただ、ストーリー自体はやや個性に欠けていましたし、
バランス云々にこだわる人も多少の不満は出てくるかもしれません。
古くからのRPGにどっぷりな人には好まれそうにないけれど、
違う何かを求める人にはとても楽しく感じられる、
そんな作品だったように思いますね。
個人的には、長所を最大限に評価すれば、
傑作レベルの内容ではあったのかなと。
しかしRPGとしてはかなり毛色が異なるものの、
シューティングをプレイする人にとって、
AZELはそれ程突出していたかは疑問も残るわけで、
名作とは思うものの傑作評価に至らなかったのはその辺が大きいですね。

ランク:A(名作)

AZEL パンツァードラグーン RPG
AZEL AMAZONで詳細を見る


関連するタグ セガサターン /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

色々疑問点はあれど、ゲームそのものは、面白かったですね。
空を飛んで移動する、戦う感覚は、他では味わえませんでしたし。
敵が戦っている感じも伝わって、臨場感もありました。
TBもいたします。

これは面白かったです。
間違いなくサターンを代表する1本だと思います。
でも、こういう人には合わないだろうなっていうのも見えてしまうから、捻くれた褒め方になってしまいましたw

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/814-081150bb
| ホームへ戻る |