覇邪の封印

覇邪の封印

『覇邪の封印』は1986年にPC88用として、
工画堂スタジオから発売されました。

このゲーム、何よりも先に語るべきことは、おまけの存在ですね。
マップとメタルフィギュアがついてくるのですが、
それが非常に良く出来ていました。
ボードゲームも大好きな私としては、
こういう手で感触の分かる要素って言うのは、
実は結構嬉しかったりします。

ゲームジャンル:RPG
hajano01.jpg

本作はいろんな機種に移植されているのですが、
どの機種にもおまけはついてくるそうです。
それだけ、メーカーもこだわりがあったんでしょうね。

さて、肝心な中身ですが、一部ではクソゲーの評判も聞こえてきます。
その理由には幾つかあるのですが、
まずは自分の周りしか見えないという、
ウルティマライクなマップ表示が挙げられます。

また、突然敵が強くなって全然勝てなくなったり、
武器に耐久度があるなんて要素も、
難易度の上昇につながってマゾゲーっぽく思えてきます。

まぁ、難しい、どうしていいか分からないってのが、
評判を下げた要因なんでしょうね。

ただ、捉え方は人によって異なります。
視界が限られているのも武器に耐久度があるのも、
リアルといえばリアルなんですよね。
プレイヤーに子供が多いファミコンだと叩かれるのも頷けますが、
緊張感のあるリアルな冒険がしたい人には、
プラスにこそなれマイナスにはならないでしょう。

敵に関しても強い敵は平地以外の部分とかって法則性はありますし、
倒さなくてもダメージを与えれば経験値は入ってきます。
難しいのを強制されるのならば感心しませんが、
本作はプレイヤーの機転しだいで何とでもなるんですよね。

従来のRPGと異なる要素を用いつつ、
リアルな冒険を演出できたという点では、
実はかなり良く出来ていたんじゃないかなと思います。
そういうわけで、個人的には名作と考えて良いかと思いますね。

まぁ、そうは言っても名作=万人向けではないですからね。
私は楽しめたし他にも名作だと思う人は多いでしょうが、
どう考えても初心者及び万人向けではないでしょう。
そういう意味では、自分は楽しめたけど人には薦めにくいゲームでした。

ランク:A-(名作)

PC-8801SRソフト 覇邪の封印

関連するタグ PC88 /RPG /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

懐かしいですね、私も何か惹かれるものがあり購入しました。
管理人さんはクリア後ハガキを送りましたか?クリア後にパスワードを送るとメダルが送られてきました。
なんと まだ家に全部残ってます。貧乏性ですかね 棄てられません。

当時はストイックにゲームばかりを進めていましたので、持ってないです。
時期によって心境が変わるので、たぶん10年くらい前だったら凄く欲しがっていたのかも。
他の人みたいにゲームに飽きるとかってことはないのですが、細かい部分ではいろいろとこだわりが変わってくるんですよね。
で、欲しくなったときにはもう手に入らなくなるものもあるわけで。
そうなると非常に悔しいですからね。
せっかくここまで持っておられたのでしたら、記念にずっと大切にしてください。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/807-d0e905a0
| ホームへ戻る |