新・御神楽少女探偵団

新・御神楽少女探偵団

『新・御神楽少女探偵団』は2003年にWIN用として、
elf(エルフ)から発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

新・御神楽少女探偵団

このゲームの発表はたぶん多くの人を驚かせただろうし、
直前に続御神楽を購入した人は悔しがったのではないでしょうか。
もともとPS用に『御神楽少女探偵団』と『続御神楽少女探偵団』があって、
結構根強い人気を持った作品だったんですよね。
でも、制作したヒューマンが『続御神楽少女探偵団』の発売後、
まもなく倒産してしまいました。
『続御神楽少女探偵団』自体ほとんど宣伝がなく、
いつの間にかひっそりと発売されたような状況だったこともあり、
一時期プレミアがついたりしたものです。

まぁ、それでも購入できればましな方で、
地方なんかだと物自体なかったですからね。
プレイしたくてもプレイできなかった人も多かったと思います。
私も99年の発売時には発売されたことを知らなくて、
後日何とか購入するも探すのに手間取ったものです。

さて、本作の1番の価値は何かというと、
その初代と続~の2本がオマケで付いてくることです。
だから、これまでプレイできなかった人でも、
これさえ買えばプレイできるわけです。

初代と続~の説明は個別の記事で扱いますので、ここでは割愛します。
ちょっと癖はあるし私は世間ほどには評価していないのかもしれませんが、
一応推理ADVの名作だとは思いますし、
2本セットプラス新作というのはお買い得なので、
未プレイの人にはオススメと言えるでしょうね。

問題は新作部分ですね。
新作部分は、正直なところ大したことがないのかなと。
さわり程度の非常に少ない分量でしたし、
あのヒロインたちのHシーンがと言っても、
絵柄が変わって何だか別物みたいに感じてしまいましたしね。
旧作2本がメインで、新作部分はオマケ程度に捉えた方が、
無難に楽しめるように思います。

こういうのは評価が難しいですね。
新作部分なら、ハッキリ言ってやる必要もないですし、
凡作レベルかもしれません。
でも、名作2本がついてくるので、未プレイの人には絶対お得ですし。
本来なら新作部分だけで評価すべきなのでしょうが、
まるまるつけてくれた心意気の分を上乗せして、
総合では佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

AMAZON
新・御神楽少女探偵団

駿河屋
Win98-XP DVDソフト 新・御神楽少女探偵団

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

私は大失敗作だったと思ってます。
何で河野さん、こんなもの作っちゃったかなあ、と。
初代御神楽も続御神楽も私は大好きだったんです。
一世代前のようなキャラデザだったけど、そこがまたよかった。
あれこれ言われた声優の方も、私はけっこう好きでした。
特に久御山クンの声、あれは当時批判されましたけど、お嬢さん役でああいう声ってほとんどなかった気がするので新鮮だったし、好きだったなあ。

で、katanさんも言われてる通り、家庭用コンシューマにしてはけっこうエログロが強かったですよね。
あれをもっと制限を緩めてやって欲しい、やりたいって願望はとてもよくわかるんです。
でもね、新の場合、その方向性を完全に間違ってる。
そりゃあ三人娘のエロを見てみたいって需要も多くあったと思うのだけど、それをやるのは二次創作レベルであり、原作当事者がやったらシャレになりませんよ。
私はもう、それらのシーンを見て興奮するどころか腹を立ててましたから。
これが産みの親のやることか、と。

しかもエロ以外の本筋もつまらなかったじゃないですか。
そもそも、続の方で立ち直った(あるいは立ち直りかけていた)ように見えた時人が、何で彼女たちを見捨てるように出て行かにゃならんのですか。
新での説明はまったく不足でしたし、納得出来ませんでした。

厳しい見方ですが、この作品は続編を作る上で絶対やってはいけないことをすべてやってしまった、という結論を持ちました。

新規のストーリー部分や新たなキャラの部分に対し、
そこでエログロをやってくれるなら歓迎なのだけれど、
エロを含めて過去の作品やキャラを不当に貶めるような行為は、
絶対に避けるべきでしたね。

私は、このシリーズは好きではあるけれど、
それ程大ファンってほどでもなかったのですが、
各キャラに思い入れのある人ほど、
本作は納得のいかない内容だっただろうなと思います。

シリーズが続くかもという期待感もあって、
当時は好意的に捉える人もいたようですが、
新の部分はなくでも全く構わない、
というかむしろ有害な内容でしたから、
今となっては1と2のセットだけで十分だったように思います。

河野さんとしても大失態だと思うし、エルフにしても暴走しすぎです。
エルフは元々は大好きなブランドだったものの、
ゼロ年代前半のエルフは全く良い所が感じられなかった暗黒期で、
両者が一番悪い時期に組んでしまったことで、
こういう結果につながってしまったのでしょうね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/805-0bb9b112
| ホームへ戻る |