妖獣戦記 -A.D.2048-

妖獣戦記 -A.D.2048-

『妖獣戦記 -A.D.2048-』は1993年にPC98用として、
D.O.から発売されました。

全3作の妖獣戦記シリーズの第1弾であり、
全てはこの作品から始まるのです。

ゲームジャンル:SRPG
youjuuad01.jpg

<感想>


ジャンルは近未来を舞台にした、
いわゆるシミュレーションRPGになります。

この当時は漫画とかでは、
そういう近未来を舞台にした作品を少なからず見かけたと思いますが、
S・RPGではあまりなかったタイプかもしれませんね。
94年になるとアダルトゲーム内のSFモノも増えてくるのですが、
まだこの頃はそれ程でもなかったような…

ましてや、制作はD.O.。
私は98時代のD.O.=触手のイメージが強いのですが、
本作でも触手による陵辱が出てきます。

近未来に触手のアダルトS・RPGとなると中々ないもので、
結構新鮮な感じでプレイできました。
まぁ、その激しさ故に、どうしても人を選んでしまうのですけどね。

<総合>


とはいえ、本作単独では結構不完全なんですよね。
続編の『続妖獣戦記』と合わせて1本の作品みたいな感じでしたから。
SRPGとしても単純なものでしたし、本作を単独で考えてしまうと、
どうしても低めの評価にならざるを得ません。

ただ、じゃあやる必要はないのかと言うと、
それがそう簡単に割り切れるものでもないわけでして。

直接の続編である『続妖獣戦記』をプレイし終えた頃には名作と思えるし、
『妖獣戦記2』なんかは私はかなり高く評価しています。
そして、全ての伏線を回収してそれら続編を存分に堪能するには、
どうしても本作のプレイが必要になってくるんですね。

そういうわけですので、
続く2作品を楽しむために本作をやってくださいという意味も込めて、
触手好きではないものの、一応良作と判断しておきたいと思います。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト98FD  妖獣戦記 A.D.2048

関連するタグ PC98 /SLG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

これ単体だとえらい短かったからなぁ…
続は結構長くてストーリーも作ってきたんだけど。
そして2は続で終わらせたつもりが、やっぱりもう一度作ってみた感じ。
エンディングが2回楽しめるシリーズだった。
1作目は味方ユニットの通過と射線の扱いが一番厳しいので、ユニットの移動順に気を使う。
シリーズ全体的に命中率が低めなのも特徴か。

初代は、どうしても続と合わせて一本って感じがしてしまいますよね。
全体ではとても好きなシリーズなのだけど、これ単品だとう~んって思ってしまいます。
命中率の低さは、最大の弱点ですかね。
単に気が短いだけかもしれませんが、この命中率の低さには少しイラっときたこともありましたから。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/802-b2af5881
| ホームへ戻る |