SEXFRIEND ~セックスフレンド~

SEXFRIEND ~セックスフレンド~

『SEXFRIEND ~セックスフレンド~』は2003年にWIN用として、
CODEPINKから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV



<感想>


ゲームにこうあるべしというのはないはずなのですが、
意外と傾向ってのは偏っているものでして。
ダーク系のアダルトゲームは陵辱物にしろ鬼畜物にしろ、
Hシーンが濃かったりそれがストーリーと切り離せない物が多いです。
でも、恋愛中心のゲームって、Hシーンが薄かったり少なかったり、
該当シーンを削ってすぐに家庭用ゲーム機に移植できちゃうようなのが、
非常に多いわけです。
もちろん、それでも面白いのも多いわけですが、
だったら最初から一般向けでも良くね?って疑問も残るわけです。
Hシーンが濃くて、かつそれがストーリーの根幹と切り離せない恋愛物、
そういうのが当然あって然るべきでしょうし、
それこそがアダルトゲームっていうものでしょう。

本作はタイトル通り主人公とヒロインがセックスフレンドという関係で、
そこからの恋愛が描かれた作品であります。
作中では濃いHシーンが繰り返されますし、
もちろんそれがストーリーと密接に関連しています。
これこそがアダルトゲームにおける恋愛物と言えるのでしょう。

もちろん、こういう作品が以前になかったわけではありません。
むしろ昔の方がそういうのは一杯あったでしょうね。
しかし、2000年以降ノベル全盛時代を迎え、
2002年頃から属性重視やテーマ重視の傾向が強まってからは、
Hシーンの存在価値の薄いゲームが非常に増えました。
その傾向はいまだに続いていますよね。
そうした状況下にあっての本作の登場なわけですからね、
本作の存在意義というのは非常に大きなものがあるように思えるのです。

さて、そういうわけですので、
意義や総論的な観点からは非常に素晴らしい作品だと思いますし、
私好みの設定でもあります。
問題は、各論的な実際の中身の方なんですよね。

ストーリーはHメインで進行するわけで、
テキストも決して悪くはないのですが、どうにも単調でして。
丁寧とは言えるのかもしれませんが、
続きが気になるとか、ぐいぐい引き込まれるような類の魅力が、
少し欠けているように思えました。

もっとも、これが純粋なノベル系のADVであったならば、
まだましだったのかもしれません。
本作は基本的にはノベル系のADVなのですが、
Hシーンで調教SLGっぽい構成をとっており、
調教ADV的な側面をかなり強くしていたわけです。
これがまたあまりひねりがないものだから、
何度も同じようなことを繰り返させられましたし、
単調で飽き安いのです。

このストーリーに違うシステムとか、
逆にこのシステムに違うストーリーだったら大丈夫だったのでしょうが、
このストーリーとこのシステムの食い合わせが非常に拙かったのです。
片方だけなら耐えられても、
相乗効果でより一層だるく感じられてしまいましたから。
もちろん俺は平気だったよって人も多いのでしょうが、
いまいち楽しめなかったって人は、
たぶんここが最大のネックになっているんじゃないかなって思います。

それにしても、本作のライターは丸谷秀人さんですよね。
ということは、『女郎蜘蛛』のライターでもあるわけです。
『女郎蜘蛛』でもシステム的には似たようなことはやっていたのですが、
あの時は全く気にならなかったんですよね。
あっちの方がボリュームがなかったわけですが、
その分中身が凝縮されて、
それであまりだるさを感じさせなかったのかもしれませんね。
小粒でも優れたゲームがあったとして、
それのボリュームを増やせばもっと面白くなるかというと、
必ずしもそうでもないわけでして。
規模を大きくすれば他も変えていかなければいけないわけで、
そこら辺にもミスの原因が見て取れるように思いますね。

まぁ、いろいろ本筋と離れたことも書きましたが、
うだうだと面倒くさいことはさておき、
実際には単純に絵買いですよって人が多かったんじゃないでしょうか。
原画はキリヤマ太一さんなのですが、
非常にインパクトがありましたからね。
この絵で濃厚なHシーンがたっぷりと堪能できる、
それだけでも十分に元が取れるってものでしょう。
この部分は十分に長所だと思うのですが、
ただ、想像していたほどには優れてもいなかったのかなと。
もっと強烈に印象に残るのかなと思ったのですが、
そこまでには至ってなかったように感じました。

<総合>


トータル的には佳作ってところでしょうか。
良い面もあるのですが、マイナス面もそれなりに大きかったですしね。
一応満足はできたものの、思ったより残るものも少ない作品でした。
でも、こういう作品自体は大歓迎ですし、
もっと似た類のゲームが増えてもらいたいものです。
作品の評価は伸び悩んだけどブランド自体は応援したくなる、
そんな作品でしたね。

ランク:C-(佳作)



関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2003」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/80-22aae1e3
| ホームへ戻る |