おとめ・ぱーてぃ

おとめ・ぱーてぃ

『おとめ・ぱーてぃ』は1989年にPC88用として、
テクノポリスソフトから発売されました。

おとめとぱーてぃの間の・は、実際はハートマークになります。

otome02.png

<ゲームデザイン>


ジャンルはコマンド選択式のADVになります。

面白いのは最初に主人公の年齢を設定できることで、
その年齢により主人公が「子供」「中学生高校生」「フリーター」
「サラリーマン」「老人」の5つに分類されます。

そしてその分類されたカテゴリーによって、
各主人公に用意されたショートストーリーが始まるのです。
言わば、変則的なオムニバスゲームってところですね。

<ストーリー>


内容的には、そのストーリーごとに与えられたヒロインとのHが、
最数的な目的となります。
主人公が子供(実は子供社長)なら、お付きのお姉さま(秘書)が相手となり、
他方で老人なら看護してくれる看護婦さんが相手になります。
中学生高校生は家庭教師に来てくれたイトコのお姉さんで、
フリーターとサラリーマンは知り合った女子高生になります。
年の差であるとか、なかなかマニアックなツボをついてきており、
そのギャップというのか、組み合わせが良いのです。

因みにお気に入りは、主人公がサラリーマンの場合のヒロインである、
女子高生の朝比奈さんでした。
上の画像に写っている女の子ですね。

otome01.png

さて、『おとめ・ぱーてぃ』にはもう一つ面白いところがあって、
最初の選択における性別の項目で女性も選べるのです。

そして女性を選ぶと、主人公が子猫になります。
ぬこですよ、ぬこ!!
ぬこが何とも可愛いかったですね~

ストーリー的にはその子猫が、
いなくなった飼い主の男の子を探す旅に出るというものになります。
これがまた、序盤から何とも物悲しい音楽でね。
それだけで胸が詰まってきます。

いや~昔から『は~りぃふぉっくす』とか好きでしたからね、
こういう動物ものには弱いのですよ。
まぁ、このストーリー自体は、やや中途半端なこともあり、
必ずしも良いというわけでもないのですけどね。
そこは、ちょっと残念でした。
otome33.jpg

本作はショートストーリーの集合といった作りですが、
どれも全然違う雰囲気ですし、
ヒントモードもあったりで楽に進行もできます。
なので、飽きずに安心して一気に遊べる作品でした。
比較的初心者向けといった感じのゲームだったのでしょう。

まぁ、ぬこシナリオは、アダルトビデオ借りたら、
間違って中にトトロが入っていたみたいなものですからね。
人によっては何だこれって感じたかもしれませんが、
個人的には、オマケなら、これはこれでありじゃんって思いました。

ってか、エロゲだからエロだけとか、
恋愛ものだから恋愛だけっていうのではなく、
オマケ的にこういう懐の広さはもっとあっても良いと思います。
(もちろん、アダルトゲームならアダルトゲームであるという、
きっちりとした本筋があることが前提で、
その上でのオマケの話としてですけどね)

<グラフィック>


対象となるヒロインの年齢は高めなのでロリではないのですが、
全体的に可愛らしい絵柄です。
まぁ、子猫が一番可愛かったのですけどw

<総合>


総合的には、ゲーム自体は小粒というのがひっかかって、
H目的のストーリーだけなら凡作~佳作程度かなと思うのですが、
ぬこシナリオがありますので、全体では良作といったところでしょうか。
ちょっと甘めというか、今回は主観面による部分も大きいですので、
一般的には佳作程度と捉えた方が無難でしょうけどね。
当時はあまりオムニバスは好きではなかったのですが、
こういう変わった趣向のあるゲームもたまには良いものですね。

ランク:B(良作)

PC-8801SRソフト おとめ・ぱーてぃ

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |