RAY-GUN

RAY-GUN

『RAY-GUN(レイ・ガン)』は1990年にPC88用として、
elf(エルフ)から発売されました。

ジャンルはフィールド移動タイプのRPG。
つまりはオーソドックスなRPGってことですね。

raygun01.jpg

RPG全体ではフィールドタイプが多いとはいえるものの、
アダルトゲームではダンジョンタイプのRPGの方が比較的多かったです。
『カオスエンジェルズ』以降、
PC98時代を通じても名作RPGのほとんどがダンジョンタイプです。
エルフにしても、あの『ドラゴンナイト』がダンジョンタイプですしね。
なのでこの時代、アダルトゲームのフィールドタイプRPGってだけで、
とても珍しいものだったと思います。

そして何より、私はフィールドタイプの方が好きなのですよ。
本作はエルフ初のフィールドタイプのRPGであり、
それ故に個人的にはとても期待したものです。

…が、正直なところ、出来は芳しくなかったですね。
エルフはADV作りは神懸かっていましたし、
他のジャンルも基本的に卒なく作っていました。
でもフィールドタイプのRPGだけは、
最後までずっと鬼門だったように思うわけで、
本作はその躓きの最初となった作品になりますね。

本作の個別の事情を見てみますと、
まず異常ににエンカウント率が高かったです。
それと、敵がアニメーションで動くのは良いのですが、
これがとろかったりしますし。

ストーリーは近未来が舞台で、
ステロイドと呼ばれる機械と昆虫の混ざったような物がいて、
これがときどき街に女の子をさらいにきます。
主人公は壊れたステロイドを修理していたら、
恋人をステロイドにさらわれてしまったわけで、
そこで恋人を取り戻すために冒険にでることになります。
設定はわりと良いと思うのですが、これまた中身がスカスカでした。

まぁ、なんというか、ゲーム部分もストーリー部分も、
あんまり良くなかったのですよ。
もっとも全く駄目なわけではなく、キャラはとても可愛かったです。
このゲームはそのためにあるようなものでしょう。

総合的には凡作ってところでしょうか。
絵のポイントで元は取れたかもしれませんが、
それ以上にストレスも多かったですしね。
エルフのADVは無条件で買いだと思った時代がありましたが、
フィールドRPGは要注意。
そんな苦手意識を作ってしまった作品でしたね。

ランク:D(凡作)

RAY-GUNレイガン

関連するタグ PC88 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/794-f8cfc194
| ホームへ戻る |