11eyes 罪と罰と贖いの少女

11eyes 罪と罰と贖いの少女

『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』は2008年にWIN用として、
Lassから発売されました。

購入動機としては、とにかくクロスビジョンモードが気になったもので。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

11eyes -罪と罰と贖いの少女-

少数派になるかもしれませんが、
変わったシステムは試してみたくなるんですよね。

で、そのクロスビジョンモードなのですが、
これは端的に言えばチャートみたいなものですね。
一応のウリとしては、同じ時間の別の場面を見ることができることで、
物語を立体的に見せようとしたのでしょう。
いわばマルチサイトの発想の延長にあるわけですが、
チャートで表示されることでつながりが整理されますし、
有効に活用できれば便利になりうる機能だと思いました。
発展の可能性自体は十分にあると思いますし、
こういう機能は他社でも積極的に導入してもらいたいものです。

もっとも本作に関しては、
あまりゲームに有効に活用できたとも思えなかったわけでして。
バックログ的にシーンを見返すのには使えましたが、
まだまだ改良の余地はあるように感じました。

また、グラフィックは目パチ口パクもありますし、
結構良い感じだったように思います。

問題があるとすれば、やっぱりストーリーなんでしょうね。
本作は伝奇バトルものになるのですが、
ぶっちゃけ厨二的と言われる設定の作品になります。
そういうのは18禁のゲームでなく家庭用ゲーム機でやれよと思うのですが、
まぁとりあえずそこは構わないとしましょう。
ある程度は覚悟していたので、
単に厨二だけならまだ大丈夫だったんですけどね。
何て言いますか、どこかで見たような展開になっていきますので、
先を読みたいとか面白いという感覚をまるで感じませんでした。
厨二設定でも有無を言わせぬ勢いと個性で突き進めば、
それはそれで楽しめちゃうのですが、
これは少々きついのかなと思ったり。

総合的には、凡作ってところでしょうか。
システムやグラフィック面にも気を配ろうとした姿勢には、
わりと好感が持てるんですよね。
でも、長所と言えるほどには洗練されていませんでしたし、
ストーリーのマイナス分がありますからね。
いろいろ磨けば光りうる素材はあるだけに、
原石のままで終わってしまったことがちょっと残念でした。

ランク:D(凡作)

11eyes -罪と罰と贖いの少女-

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |