るいは智を呼ぶファンディスク 明日のむこうに視える風

るいは智を呼ぶファンディスク 明日のむこうに視える風

『るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風-』は、
2010年にWIN用として、暁WORKSから発売されました。

内容の面白さは別として、ファンディスクって何だろねと、
ちょっと考えさせられた作品でした。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

るいは智を呼ぶファンディスク

本作はファンディスクなので、
当然のことかもしれませんが本編からのプレイをオススメします。
本編が気に入らなければ、本作もまず楽しめないでしょう。
そもそも本編が気に入らなければ買わないのでしょうが、
本編フルボイス版の影響で一緒に買う人もいるでしょうしね。
とりあえず本編の体験版をやってみて、そこで肌に合うかですね。
会話主体のゲームで同じような感じで進行しますので、
この体験版が肌に合わなければ本編もこのFDも駄目でしょうから。

私は本編は楽しめたので期待もしたくなるのですが、
若干トラップが待っていました。
本作はファンディスクと名付けられているのですが、
あんまりファンディスクっぽくないです。
むしろ前作の後編とか続編とか補完といった色彩が濃いです。
言い換えれば、このFDと本編の2つでるい智という作品が完結するのです。
そのため本編のストーリーそのものに惹かれた人には、
このゲームは素晴らしく見える可能性も高いかと思います。

しかし残念ながら私は、
ストーリーそのものにはあまり魅力を感じなかったわけでして。
最初から本作が続編っぽいのだと知っていれば、
或いはプレイしていなかったかもしれませんし。

ストーリーそのものではなくキャラの持つ魅力、
つまり本編のメインキャラたちの掛け合いが大好きで、
メインキャラたちが好きだからこそ、
ファンディスクってものに興味を持ったのです。
ファンディスクなのでそういう層も少なからずいると思うのですが、
その観点からは少し物足りなかったのかなと。
求めていたものとちょっと違う方向に進んでしまった感じです。

性質が性質だけに、本編と最初から1つの作品であれば、
「るい智」全体として名作扱いしてたかもしれません。
しかしこれ単体では佳作ってところでしょうか。
何を求めているかでも印象は変わってくると思いますが、
こういうものだと知っていて、それが求めるものと合致するならば、
満足度の高い1本になり得るのではないでしょうか。

ランク:C(佳作)

るいは智を呼ぶファンディスク

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉
カテゴリ「2010」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/790-9791c1ac
| ホームへ戻る |