ANGEL

ANGEL

『ANGEL』は1993年にPC-98用として、
カクテルソフトから発売されました。

『ANGEL』と聞いて、ピンと来る人はどのくらいいるのでしょう?
もともとは遊人さんが書いていた同名の漫画を、
PCゲーム化したのが本作でした。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
angel01.jpg

<感想>


原作の雰囲気は良く出ていると思いますし、
自分自身原作好きということもあって個人的には楽しめました。

だからこそ余計にも面白いと感じるか否かは、
原作が好きか否かで分かれちゃんでしょうね。
まぁ、原作が嫌いなのにこれをプレイする人がいるとは思えませんけど…

<ゲームデザイン>


そういうわけで、ここまでならありきたりな、
エロ漫画のゲーム版でしかないでしょう。
しかし、本作はちょっと変わった構造だったんですよね。

というのも、本作は全部で3話構成なのですが、
各話ごとにジャンルが全部違うんです。

1話目は普通のコマンド選択式のADVで、
2話目がシナリオ分岐型のノベル系のADV、
そして3話目が調教SLGだったんですね。

ジャンルが全部異なるというだけでも珍しいですが、
良く見るともっといろいろあるわけでして。

例えば2話目、シナリオ分岐型ADVは94年以降なら多数ありますが、
それは93年末の『河原崎家の一族』以降の話なわけで、
河原崎以前に出た本作は非常に珍しいと言えるでしょう。
もちろん構造的には80年代から既にありますので、
斬新故に高得点ってわけにもいきません。
しかし一度見かけなくなったジャンルだけに、
簡素な作りでも新鮮さは残っているって感じでしたね。

また、調教SLGの元祖として名高い『SEEK』は95年ですから、
本作はそれより早い計算になります。
本作も、確か製作したのは田所さんだったはず。
ここで実験したものを元に更に煮詰めてSM色を強めたのが、
後の『SEEK』なんでしょうね。
angel02.jpg

まぁ、個々の要素は簡易的なものなので、
どれもジャンルの元祖と呼ぶには物足りない完成度ではあるでしょう。
でも、珍しいのは確かなわけで、
原作既読組でもプレイしていて常に新鮮な感じで楽しめました。

<総合>


私は原作が好きだと言うのもありますが、
それを抜きにしても十分良作と言えるのではないでしょうか。

小粒な作品というのと原作付きということで、
名作扱いするのにはちょっと抵抗があるんですけどね。
でも小難しいことを抜きにすればキャラは皆可愛いし、
アイデアに溢れる楽しい作品でしたよ。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト ANGEL

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/789-2e86957a
| ホームへ戻る |